それで人生、終了したら
 
  お盆に青森の実家に帰った。
  涼しい夏で、長袖でもいいような気候だった。いつものごとく、朝から晩まで
  家族マージャンをやり、マージャンの合間に、食事をし、酒を飲むとゆう実に
  のんびりした休みだった。

  今回、帰って気がついた事がある。
  毎回、田舎にいくたびに聞かれていた事。
  「絵は描いているの?今回はどんな絵を描いているの?」
  この質問が家族のだれからも出てこなかった。

  父と母は油絵が好きだ。おれはリキテックスとゆう水彩画を描いていた。お
  れが学生の頃、三人よく青森の展覧会に出品していた。
  
  おれの方も両親に、絵の事は聞かなかった。
  お互い、絵から離れている現実に気がつくのもさみしいものだ。一時期は
  毎日描いていて、描かない日は自分でなくなったような気がし、意地でも
  創作に向かったのに。

  思えば毎日、継続的に自主的に、時間をさいてやっている事がなくなってし
  まった。
  一日に合計一時間以上は、食事に時間をさいているのだから時間は作ろう
  とすればできるはずだ。

  仕事に追われ、時間ができるとテレビやビデオを見て、日頃のうっぷんは、
  酒でごまかして………
  それで、人生、終了したらつまんないもんね。

                  2003年8月31日

         





[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析