盗まれたブンショー
    
戸塚ヨットスクールの復帰
    オウム上祐派が新教団
    

                                  
2006年 5月7日〜5月11日

 注目

 屍と暮らす女・千鶴子
 ・
血の海にした伊藤嘉信
 ・
千鶴子の長男は白骨
 ・
娘の殺害岡本千鶴子
 元キャバ嬢太田和美
 ・
ほしのあきFカップ謎 
 ・次世代DVD戦争
 ・
騒音おばさん反省ナシ
 安達祐実の母ヘアヌード
 ・
横田めぐみ拉致問題
 ・
女優や歌手の美の崩壊
 
ハードディスクのお医者
 富山安楽死事件の真相
 ・外科部長は赤ひげ先生
 ・朝青龍ホステス暴行事件
 ・詩織・結婚仲介業の実態
 ・5億相続・謎の主治医
 ・鈴木詩織の犯罪と蛇頭
 ・ミュンヘンのわかりにくさ
 ・詩織は人気性感マッサージ
 ・江原啓之バッシング始まり
 ・鈴木詩織インスリン殺人
 ・週間新潮・黒い報告書

 ・
90歳女性に性的暴行男
 ・木村一八3度目の逮捕
 ・いちゃもん荒川静香
 ・アカデミー賞・問題ズラリ
 ・格闘家経験あり西澤孝
 ・ワンセグ技術が巨人戦
 ・永田寿康こだわりメール
 ・静香のワインとアイスクリーム
 ・お口で占いさせて
 ・荒川静香の金の舞
 ・安藤・荒川・村主
 ・安藤美姫号泣ショック
 ・ムハンマド風刺画騒動
 ・鄭永善2園児殺害
 ・テレクラ坂本明浩の逮捕
 ・紀子さまとコウノトリ
 ・姉の細木数子を批判
 ・西田憲正あやまり人形
 ・野口英昭自殺説
 ・ライブドア株値上がり
 ・裸路線の矢部美穂
 ・ホリエモン麦めしペロリ
 ・野口と安部と小嶋進
 ・ハーレム親父はホラ好き
 ・地元のヤクザが実行犯
 ・女性11人まだ足りない
 ・ホリエモンとヤクザ金脈
 ・遺書もなく非常ベル
 ・堀江貴文社長・逮捕
 ・絵美告発証言、ミキに
 ・自殺か他殺?野口氏
 ・破局後は吉川ひなの
 ・シングルマザーの一歩
 ・女優開眼AV女優平沢
 ・娘の携帯番号教えろ
 ・えみりとキム兄結婚
 ・病院の新生児誘拐
 ・みのは紅白の救世主
 ・みのNHKと決別か
 ・中国の脅迫に自殺
 ・内河健の逮捕は?
 ・インリン様の引退
 ・安藤美姫と泉ピン子
 ・みずほ誤発注で20億

 ・内河健の福岡の女
 ・キング・コングの監督
 ・マドンナ健在アルバム1位
 ・レコ大審査委員長失踪
 ・キーワード抽出新システム
 ・京都小6殺害犯のズレ
 ・栃木女児殺害7つの鍵
 ・北尾吉孝ピンチ!
 ・小嶋進にみのキレマクリ
 ・小泉ブッシュに感激の声
 ・チョコ好きペルー男逮捕
 ・姉歯もかすむ小嶋社長
 ・姉歯に発注社長が自殺
 ・ラリーと呼ばれた少年
 ・女子行員10億円横領
 ・女子高生事件の脳問題
 ・フランス暴動をあやつる
 ・神田うのの新恋人の過去
 ・3億円、簡単で拍子抜け
 ・ファーブルちゃん毒盛り
 ・NHK記者、放火で逮捕



 ★ 盗まれたブンショー         
                                   2006年5月11日

 こんばんわサメです。

 いつものオレの文章からは、考えられない妙な出だしだ。なんでこんな
 へんな挨拶からはじめたか?
 これからは、とにかくこうゆうサメ・石沢が書いたんだとゆう証拠が残って
 いる文章にすることにした。なぜかってゆうと、文章を丸ごとコピーペース
 トされていたからだ。

 『あの・・・その文章書くのに、ネットを調べたりなんだりで3時間ぐらいか
 かってんですけど、コピーペーストだけだと3分もかかんないですよね。』
 と、そのサイトの管理人に言いたい。

 一行でも、リンクでも貼るなり、ことわればいいものをなんの連絡もなしに
 全文章を貼付けている。これには本当にまいった。唖然とした。
 我がサイトは、読んでの通り、ニュースサイトを意識している。だから、自分
 とゆうものをあまり表に出さないほうがいいと思っていた。意識して自分を
 消していた部分もある。でもやめた。それでは、ニュース記事とあまり変
 わらないしろものとなり、どこに持っていかれても、わからないものになる。

 とゆうわけで、これからは方向を変えて、ちょいとくどくなる恐れがあるの
 だけれど、サメとゆう名前を文章に入れていくことにした。

 ここでは、コピペされたのが自分のどの記事で、どこのサイトがその行為を
 したかまでは、しつこく言わないでおく。
 あんまり取り乱すのも大人げないから。

 中には自分の撮った写真がかってに貼付けられたとか、かってにリンク
 したとか、鬼のごとく怒っているサイトの人もいる。が、読んでいてあまり
 いいものではない。
 但し、もし該当するサイトの方、これを読んでもう一度考えてみてほしい。

 もし、自分の書いた文章が何の連絡もなしに、知らないサイトにかってに
 コピーされた場合のことを。


 ★ 戸塚ヨットスクールの復帰
                              2006年5月7日

 訓練生が2人死亡、2人が行方不明となった戸塚ヨットスクール事件。この
 スクールの校長、戸塚宏(65)が4月29日に復帰した。
 この戸塚宏は、さっそくテレビに出ていろんな人とまた議論を始めている。
 どんなに責められても、どこか薄ら笑いの顔で、へこたれないで、答えを返し
 てくる。その粘り強さは不気味さを感じるほどだ。

 戸塚宏校長は5月1日、「6月から海での指導を再開したい」との意向を明ら
 かにしている。
 体罰を含む厳しいスパルタ指導で死者が出ていながら、考えはまったく変
 わっていない。

 「体罰は教育です。正しい教育論がないから教育荒廃が起きる」
 「死者まで出してつくりあげてきた教育論を、あっさり否定できる人がいる
 とは思わない」
 「指導を変えることはない。もっとうまくなったと思う。」などと話した。

 オレとしては、戸塚ヨットスクールからまた死者が出ないことを祈るのみ・・・。

 ★ オウム上祐派が新教団

 オウム真理教(現アーフレ)の国内の信者は約1600人。そのうち、信者
 数百人と脱会し、上祐史浩(じょうゆう・ふみひろ)代表(43)が7月をめど
 に新教団を立ち上げる。
 今年の7月から、「麻原回帰」を図る「反上祐派」とは収支は別会計にして
 活動するとのこと。

 ところで、なぜ上祐史浩は、オウム真理教の中で最高幹部に取り上げら
 れたのか?1995年にノンフィクション作家の岩上安身氏が、興味深い
 インタビューを上祐に行っている。
 オウム神仙の会からのメンバーだった、元信者は語る。

 「上祐はなぜ、最高幹部にとりたてられたか、わかりますか?実は麻原は
 上祐の恋人を寝取ったんです。その交換条件として、上祐は幹部昇格を
 約束されたんですよ。それをまた、彼はのんだんです。初期の教団はごく
 ごく小さなものでしたから、この事実を知らない者はいません」

 その事実を突きつけて作家の岩上安身氏が インタビューすると、上祐は
 「いや、そういう話は知りません。そういうことがあったとは、私は知りま
 せん」とうろたえてシラを切った。しかし間をおかず、
 「でも、まあ、もしあったとしてもいいと思いますけどね」と続けて、笑ったと
 のこと。

 先に書いた戸塚宏といい、上祐史浩といいしばらくマスコミには出てこな
 かった。聞いた瞬間、なつかしさすら覚えたほどだ。しかしまたこの二人は
 逆の意味でいろいろ活躍して問題を起こしそうだ。

        

              他の記事を読む
 






日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング

[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析