● 村上世彰(46)を任意聴取・インサイダー取引容疑
 
● 和田義彦画伯の盗作絵画騒動
 ● 下ネタ大魔王!小泉首相

   

                                   2006年 6月04日

 注目
 
 ・佐藤ゆかりの不倫報道
 ・
なぜヒゲをのばしたか
 ・
給付金目当ての鈴香
 ・テレビも週刊誌も鈴香
 ・盗作疑惑の和田義彦
 ・
畠山鈴香の無責任人生
 ・警察の理由A彩香の母
 ・黒木香裏ビデ裁判勝つ
 ・
警察の理由−彩香の母
 ・
彩香の母は犯人か否か
 ・
101匹の死と暮らした
 ・
秋田の児童殺人の犯人 
 ・ダ・ヴインチ・コードの評価
 ・悪魔か?山地悠紀夫
 ・サップ謎の試合トンズラ
 ・娘殺害日にステーキ千鶴子
 ・屍と暮らす女・千鶴子
 ・血の海にした伊藤嘉信
 ・千鶴子の長男は白骨
 ・娘の殺害岡本千鶴子
 元キャバ嬢太田和美
 ・
ほしのあきFカップ謎 
 ・次世代DVD戦争
 ・
騒音おばさん反省ナシ
 安達祐実の母ヘアヌード
 ・
横田めぐみ拉致問題
 ・女優や歌手の美の崩壊
 ・ハードディスクのお医者
 
富山安楽死事件の真相
 ・外科部長は赤ひげ先生
 朝青龍ホステス暴行事件
 ・詩織・結婚仲介業の実態
 ・5億相続・謎の主治医
 ・鈴木詩織の犯罪と蛇頭
 ・ミュンヘンのわかりにくさ
 ・詩織は人気性感マッサージ
 ・江原啓之バッシング始まり
 ・鈴木詩織インスリン殺人
 ・週間新潮・黒い報告書
 ・90歳女性に性的暴行男
 ・木村一八3度目の逮捕
 ・いちゃもん荒川静香
 ・アカデミー賞・問題ズラリ
 ・格闘家経験あり西澤孝
 ・ワンセグ技術が巨人戦
 ・永田寿康こだわりメール
 ・静香のワインとアイスクリーム
 ・お口で占いさせて
 ・荒川静香の金の舞
 ・安藤・荒川・村主
 ・安藤美姫号泣ショック

 ムハンマド風刺画騒動
 ・鄭永善2園児殺害
 テレクラ坂本明浩の逮捕
 紀子さまとコウノトリ
 ・姉の細木数子を批判
 西田憲正あやまり人形
 ・野口英昭自殺説
 ライブドア株値上がり
 裸路線の矢部美穂
 ホリエモン麦めしペロリ
 野口と安部と小嶋進
 ハーレム親父はホラ好き
  
 ★ 村上世彰(46)を任意聴取・インサイダー取引容疑
                              2006年6月4日 0:50
 
 金曜日に、日刊ゲンダイ(6月3日)を買った。サメとしては、金曜日は日刊
 ゲンダイを買いたくない日。それは、競馬のページが多くなる日だから。
 なんと44ページのうち11ページも競馬関連。4分の1も割いている。それ
 でも買ったのは村上世彰(よしあき)逮捕のタイトルを見たから。

 しかし、よくよく見て笑えたのは「村上世彰逮捕」の後ろにとても小さな文字
 で、”も”が付けられていた。
 ようするに「村上世彰逮捕も(あり得るのかも?)」というような意味を含ませ
 ているようだ。

 村上世彰が突然シンガポールから帰国したのは、なぜか?
 東京地検の聴取を受けるために戻ったとの情報が流れたという。
 「東京地検は5月の連休前から、3回にわたって村上氏に『話をお聞きした
 い』と打診したといいます。
 しかし、村上氏は断り続けてきた。そこへ、先日、4回目のオファーがあり、
 村上氏の弁護士が『応じた方がいいのではないか』とアドバイスしたようで
 す」(事情通)

 この情報が流れたことで、兜町はパニックになった。2日午前の日経平均株
 値は一時、前日比200円を越す下げを記録した。1万5266円と、取引期間
 中としては4ヶ月半ぶりの低水準となった。

 ★ 和田義彦画伯の盗作絵画騒動

 サメにとって意外なこと。絵の盗作という事がこれほど、世の中の注目を浴
 びる事件とは思っていなかった。
 今回の盗作騒動でいきなり、みんなに名を知られた和田義彦氏。
 彼は66歳とのことだが、その年に見えない。とても若々しい。

 今春に芸術の大臣賞(芸術選奨文部科学大臣賞)を受賞している。しかし、
 盗作疑惑によって所属する「国画会」から退会勧告を受けた。同会は「盗作
 と判断せざるを得ない」としている。
 イタリア人画家のアルベルト・スギ氏(77)もカンカン。
 自身のホームページで「このおびただしい盗作は、芸術家の権利を侵してい
 る。和田氏は個人的利益を得るため、重大な法違反を犯した」

 確かに、スギ氏と彼の作品を並べて見ると、盗作したのがバレバレ。それで
 も本人は疑惑を完全否定している。
 「和田氏は89年に妻をがんで亡くし、かなり落ち込んでいました。
 作風がすっかり変わったのはそれからです」(業界関係者)

 かれの自宅は東京・渋谷区。億単位の豪邸住まい。
 人脈も豪華で作家の森村誠一氏、デザイナーの山本寛斎、映画監督の小栗
 康平氏などと、つきあいがある。自宅も人脈も豪華だが、彼の画家としての
 ランクは”並”との事。
 
 「和田氏の絵は”号価格15万円”です。はがき大の絵で15万円ということ
 ですが、日本を代表する絹谷幸二氏は号200万円、あの平山郁夫氏なら号
 700万円。」
 とは言っても、絵の評価は死後変わることもあるので、現在の価格のみで
 判断はできないが。
 それにしても、晩年にこのような汚点をつけるのは痛い。

 ★ 下ネタ大魔王!小泉首相
 
 日刊ゲンダイの名物。長文でたたみかけていく、小泉批判。
 これ、けっこう読むと癖になってくる。
 サメもここの妙なマンネリ文章が好きで、夕刊フジよりはゲンダイを選んで
 しまうのだ。

 今回の2面もタイトルからそのオンパレード。
 「レームダックとなった小泉デタラメ首相」
 「国内政治は全くやる気なし、残りはアメリカ行きとロシア行きの外遊に気も
 そぞろ」
 「だが、デタラメ首相が引っかき回し思い付きで手をつけ丸投げしてきたペテ
 ン改革や、余計なことばかりして肝心なことは何もしなかった5年の悪政の
 ツケで、ニッチもサッチも行かなくなっているこの国の現状実情をどうするの
 かという難問を残したこれからはどうなるのか」 

 そして3面の隅の記事は、『また「下ネタ」連発』と、小泉首相を嘆いている。
 5月30日の夜、副大臣を集めた会食の時のこと。
 安部官房長官も加わり20人以上が出席した。
 会食の冒頭、副大臣の一人ひとりが3分間スピーチをすることになった。厚生
 副大臣の赤松正雄が
 「きのう、エイズ検査普及のために、女優の田中好子さんと一緒にコンドーム
 を配ってきました」と発言した時のこと。突然小泉首相が
 「なんで産まないのにコンドーム(今度産む)なんだよ」と、 オヤジギャグを
 一発。続けざまに「昔は衛生サックって言ったんだ」「膨らませたよ」と興奮
 気味にまくし立てたという。
 
 なんか、力の抜ける話しだが、『産まないのにコンドーム(今度産む)』という
 とこはちょっと面白い。
 サメは思う。『コンドームのコマーシャルで小泉首相に出演してもらってこれ
 を言ってほしい』と。

             

                     他の記事を読む






☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング芸術系ランキング

[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析