事件のダメージ          2004年4月15日
  
  「たけし軍団にいた東って知ってる?」と、うちの奥さんが尋ねる。
  「知ってるよ。」
  おれが知らないわけがない。
  おれは、そのまんま東の本を一冊、持っている。
  「テレビでやってたけど、東って今、早稲田大学で勉強してるんだって。」
  おれは、驚く。
  
  「生活費は、誰がかせいでるのかね?」当然湧き上がる疑問。
  「かとうかずこじゃないの?」
  まだまだ、そのまんま東といったら、覚えている人も多いはずだ。
  覚えている人が多いという事は、本人がまだまだ有名であるわけで、
  商売になるという事だ。本をだすも良し。TVに出るも良し・・・と。

  40歳を過ぎてからの大学生というのも、ユニークではある。
  でも、もったいなくはないか?勉強している間に、人の頭からそのまんま東
  という名前は薄れていくだろう。
  彼の現在の学生生活は、おれが言うところの次元とは、
  別のところの人生に、彼がめざめた結果だろうとは思うが。
                    ☆  
  そのまんま東の「どん底」という本は、読みごたえのある本だ。
  渋谷のイメクラに行き、その相手が16歳の未成年であったために、
  それこそ本の第一章のタイトルのごとく、天国から地獄へ突き落とされる。
  そこの事情がよく描かれている。

  また、その事件の話しとは別の話しにも、味わい深い箇所がある。

  東がたけしの付き人をしている時。まだ、ツービートとして漫才の営業を
  きよしとしている頃の、きよしの言葉。

  「あいつ(たけし師匠)は恐ろしいほど才能がある。俺も笑いの端くれにいる
  からそれくらいは分かるんだ。あいつはこんな所でこんなことをやっている
  人間じゃない。俺は奴を心から尊敬している。だけど、俺達はコンビだし、
  俺の方が少し先輩だから、照れちゃって面と向かってそういうことは言え
  ないんだ」

  −−−僕はあの時のきよし師匠の俯き加減の優しい目線を
                                 今でも忘れられない。


  そういえば、ビートきよしは、今何をやっているのかなぁ。

  そのまんま東と同じように、事件でテレビからほされてしまった田代まさし、
  彼もどうしていることやら。女がからんだ事件は、ダメージが大きいねえ。

  ダメージが大きいといえば、よくテレビに出てて
  半分、芸能人のようだった早稲田大大学院教授の植草一秀。
  女子高生のスカートの中を手鏡でのぞいたとの事件。
  彼も、この事件をきっかけに、
  TVからのお呼びはなくなってしまうのだろう。そして大学院教授の地位も。

  将来、稼ぐであろう金額から算出すると、この事件での損失は、億近いもの
  があるのではないだろうか?
  手鏡でのぞいたスカートの中には、はたして億に匹敵する彼の欲望を
  満足させる想いが写ってたか?否か?

  話しを元に戻して・・・。
  その「どん底」の本の最後のほうでは、とうとう給料が0円になった事が
  書かれてある。
  それと、パソコン教室に通いだしている事も。
  それで、ふと思ったのは、
  「パソコンに興味があるくらいなら、ホームページも開いているのでは
  ないか?」
  
  オレの予想はあたった。検索でそのまんま東のホームページ
  すぐ出てきた。

  そのHPの日記をのぞくと、彼の現在の生活がよくわかる。  
  大学に通うかたわら、TVの仕事や文章もこなしているようだ。
  たまに、芸能人との飲み会の話しなども出てきて、おもしろい。
  
  こんなふうに、有名人が開いているホームページって
  いったいいくつあるのか?
  あまり知られていないけど、面白いHPもたくさんあるのだろう。  







[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析