林真理子をナンパ          2004年5月8日

  林真理子の小説、『 ワンス・ア・イヤー』の感想を先日書いた。
  昔、林真理子の小説ではなく、エッセーにはまってた時期を思い出した。
  が、最近は買わなくなってしまった。

  彼女のエッセーの黄金期は、結婚する前だ。
  彼女は結婚してから、小説は充実してきたかもしれない。
  それと反比例し、エッセーの面白さがパワーダウンしてしまった。

  でも、林真理子に関してパソコンで文章を打ち込んでいるうちに
  ふたたび彼女のエッセーを読みたい気持ちが高まってきた。
  いったん、読みたいと思ったら、読まないうちは、なんだか落ち着かない。
  
  「踊って歌って大合戦」という本を買った。
  そのエッセーの中に「怖い夏」という題のエッセーがある。

  林真理子はダイエットをかねて、家からエステティックサロンまで歩いている。
  明治通りから宮下公園を通り抜けていく。夕方なのでカップルだらけ。
  「若い人っていいわねえ・・・私には遠い世界のことよ」などと考えていたら、
  公園で一人の男性から話しかけられた。

  「あの、お茶でも飲みませんか」
  白麻とサブリナパンツという組み合わせが、(遠目から)よほど若く見えた
  のであろうか?『なんと十数年ぶりのナンパではないか』
  と思ったとたん情けない言葉が漏れた。

  「まあ、すみませんねえ。ありがとうございます」
  その言葉に対して、林真理子は
  若いつもりでいても、こういう時に年ははっきりと表れてしまうものだ。
  と、結んでいる。

  この後、別のエッセー「ナンパ」で、この時のことを再度取り上げている。
  知り合いが電話や手紙で、ひやかすとの事。
  「若い男にナンパされるなんて、たいしたもんだ」と。

  それと、林真理子は、
  「私はナンパに未だかつて、応じたことが一度もない」と、残念がる。
  そして、声をかけてくれる若い男性が二度と出現するとは思えないから、
  ビールくらい一緒に飲むべきだったのでは?と、後悔する。

  これを読み、自分のナンパ体験を思い出してしまった。

  オレの場合は、度胸がないから酔いにまかせてという、最低のパターン。
  それも、数少ないナンパだから、忘れようとしても、忘れられない。

  友達といっしょに、新宿でスタイルのいい長い髪の女の人声をかけた。
  「いっしょに飲みにいきませんか?」と。
  すると、どこに隠れていたの?と、不思議に思うくらい、突然男が登場!
  「あの、その人、僕の妻なんですけど。」

  オレとその友達、二人で合唱♪
  「失礼しました〜!」      う〜ん、なんか情けない。

  同じ、新宿での事。
  これは、めずらしい逆パターン。

  狭い路地を友達と二人で歩いていると
  ちょうど、向こう側からも、女の子が二人、こちらに向かって歩いてくる。
  なんだか、こちらをジッと見つめている気きがする。
  気きのせいかな?と、
  思っていたら、ニ人連れの一人の女の子が、オレらに言った。
  
  「天麩羅食べにいきませんか?」
  「は?」
  「天麩羅です。食べにいきません?」

  ちょうど、居酒屋で一杯やった帰りなので、  
  突然、天麩羅を食べたいという気持ちにもなれず、
  オレは、
  「えーと、コーヒーだったらいいけど。」
  という無難な線に切り変えようとする。

  「えー天麩羅いきましょうよ。」
  女の子二人、ごねる。
  ようするに、彼女らはおいしい天麩羅屋を知っていて、オレらに
  おごってもらいたいだけなのだろう。

  オレの友達が突然、反旗をひるがえす。
  「すみません、けっこうです。」

  おれは、後から友達に聞く。
  「なんで、彼女の誘いをけっちゃったの?」
  
  「あの、二人組みの顔見た?たいした事、なかったじゃん。」
  おれは、関心する。
  「さすがだなー、おまえ。 あの暗闇の中で顔を判断できちゃうなんて。
  オレ正直、顔がいいの悪いのなんて全然わかんなかったよ。」

  
  その友達は、逆にオレに関心する。
  「おれからすると、石沢に関心したよ。天麩羅を断って、コーヒーにしてでも、
  関係を切るまいとするとこで。」


  そして、二人顔を合わせ、ガハハハと笑いあった。
  「しょうがねえなーオレらは・・・」とゆう、想いで。
  ああ、それも遠い過去の思い出・・・。

  彼女ら二人組は、その後うまく男をナンパし、
  おいしい天麩羅をおごってくれる人に、遭遇できたのであろうか?

  




[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析