Diary 1月29日 〜 月3日
   ( 森昌子、薬物中毒で入院,  仲間由紀恵と杉田かおるのだんなさん 
                                       きれいなおなえさんに仲間由紀恵 )
          
                                          2005年2月11日
 

           < 森昌子さん、薬物中毒で入院 >      

  「森昌子さん:薬の中毒症状?で入院  自宅で倒れる」というニュースのタイトルを、ネット
  で見た。
  その時に、まず感じたのは、なんだかとても懐かしいなぁという、のんきな感覚だ。
  倒れて、入院してるのに、懐かしいもないもんだけど・・・。
  
  でも、森昌子という歌手は、オレの中では、完全に過去の人になっていた。
  ニュースに紹介されてあった経歴を読んだ。
  1986年、今から約20年前に、森進一と結婚し、芸能界を引退。2児をもうけ、主婦に専念して
  いた。

  2001年に紅白歌合戦で復帰したとある。
  最近は夫婦2人の「森・森コンビ」でジョイントコンサートを開いていた。
  知らないところで、森昌子は、歌手活動を再開していたわけだ。

  1972年に「せんせい」でデビュー。このとき彼女は中学2年生。
  純で田舎風の恋する女学生というイメージだった。
  そのイメージと、歌の内容の「傘にかくれて、ひっそり見つめて、誰にも言えず・・先生に恋する・・・」
  が、絶妙にマッチしていた。
  
  「哀しみ本線日本海」「越冬つばめ」などのヒット曲で日本レコード大賞金賞など、多くを受賞とある。
  そういえば、小柄な身体なのにとても響くいい声をしていた。
  その歌手としての森昌子より、オレの印象が強いのは、山田太一原作ドラマ「想い出づくり」に出演
  していた森昌子だ。

  このドラマは、面白かった。
  仕事にも集中できず、見合いには気乗りせず。
  結婚適齢期を迎えて不安定な日々を送る小手川裕子、田中裕子、森昌子の3人。
  それぞれが、日常の視線で、実にうまく演じていた。
  一見、何気ない日常を描いていて、それでいて問題提起は深い、傑作ドラマだった。
  
  さて、薬物中毒の件。
  2月1日午後7時ごろ、東京渋谷区の自宅から、都内の病院に救急搬送された。
  薬物中毒の症状がみられ、薬物は睡眠薬との情報もある。
  気の早いスポーツ新聞は、『森昌子、自殺?』なんていうタイトルを載せていた。
  
  ところで、薬物中毒というと、まるで麻薬のようにも聞こえてしまう。
  聖路加国際病院の西尾医師は、「みなさんが気になさるような(薬物)反応は、血液検査でも
  尿検査でも全く出ていない」と発言したとの事。
  
  昌子さん本人も「最近、更年期障害というか、不定愁訴 が多くて眠れないので、薬を飲んだが、
  それが遇わなくでボヤッとしちゃった」という話しをしていたという。
  彼女は昨年5月にも、ブティックで買い物中に貧血で倒れ、救急搬送された。

  何はともあれ、身体を大事にして早く復活し、また歌手活動を頑張ってほしいものだ。
  参照:森昌子さん:薬の中毒症状?で入院  自宅で倒れる
                                               2005年2月3日


     < 覆面座談会にて、 仲間由紀恵と杉田かおるのだんなさん >

  昨日、仲間由紀恵が、「お茶のコマーシャルにも出ていた人だ」と、書いたものの、調べてみると
  勘違いしている事がわかった。
  「おーいお茶」のコマーシャルを頭に浮かべていた。それは中谷美紀が出ていたのだ。
  同じ、松下電工のきれいなおねえさんシリーズの人。
  まったく、記憶というのはあてにならない。

  ネットで、仲間由紀恵のCMを検索して、勘違いがわかったのだが、思わぬ発見。
  ポッキーチョコレートのCMサイトにたどり着く。CMの仲間由紀恵や松浦亜弥がとてもいい。
  松浦亜弥、仲間由紀恵、柴咲コウ、石原さとみの4人が、まるで対決しているかのような、
  「デビュー編」と名づけられたコマーシャル。
  ただ、アップでポッキーを交互に食べているだけなのだけど、これは見せてくれる。
  

  それで、今日はビデオ屋に行き、別の記憶がよみがえる。
  仲間由紀恵といえば、トリックに出ていた女優だ。深夜にこのドラマを観て、こんな時間にこんな
  充実したドラマをやっていたのか・・・と、関心した覚えがある。
  でも、2、3回しか見たことがなかったので、今度レンタルしてまとめてみようかな。

  いったん気にすると、仲間由紀恵に関する事がどんどん入ってくる。
  家に帰って、週間現代をペラペラめくってると、仲間由紀恵の連続ドラマ「ごくせん」が、視聴率
  26.5%で、松嶋菜々子の「救命病棟24時」の初回21.4%に勝ったと、出ていた。
  現場ではバンザイバンザイで、金一封出たとの事。
  日本の視聴率女王3トップという事で、松嶋菜々子、竹内結子、仲間由紀恵を並べていた。
  これは、『芸能人情報ワイド 覆面座談会 ズバリ言うわよ!』 という記事に出ていた内容。

  もう一つ、同じコーナーに気になる記事が。
  杉田かおるのだんなさんの鮎川純太氏。
  御曹司は間違いないけど、堅物でも真面目一本やりでもなくて遊び人タイプ。芸能界にも顔が広くて
  「杉田かおるってどんな人?」といろんな人に聞きまくっていた。某政治家の2世たちとは深い交流
  があり、六本木ヒルズあたりでよく合コンに参加している。かなり酒好き。
 
  夜のほうもすごい。かなりのプレイを好んでやる。
  その一方で、超潔癖症。レストランでナイフやフォークを目の前まで持ち上げて、汚れがないか
  確かめるとの事。
  
  さてさて、どこまで本当の事やら。
  だいたい、覆面座談会というのが、フェアでないと思うのだが。しかし、フェアでないと思いつつ
  なんとはなしにその記事4ページ分、全部読んでしまうオレも、しょうがない野次馬根性だが・・・。
  参照:ポッキーチョコレートTV-CM | グリコ
                                               2005年1月30日 
  

     
< きれいなおねえさん に 仲間由紀恵 >

  「電工のきれいなおねえさんシリーズに、仲間由紀恵がなったわね。」
  と、会社の女子社員が話しかけてくるのだが、仲間由紀恵の顔がうかばない。
  「エー仲間由紀恵を知らないの?」と、彼女はとても驚いている。

  オレは、島田紳助の事件の話しや、杉田かおるの話しをするから、芸能界一般に、詳しいのだろう
  と、思われてしまってるのだが、オレの知っているのは、ほんの数人。
  どちらかといえば、うとい方かもしれない。女子社員の芸能界知識には、とても及ばない。

  ところで、せっかくの機会だから、読売新聞に出ている仲間由紀恵の記事と写真を眺めた。
  「あ、お茶のコマーシャルにも出ていた人だ!」と、ここで記憶がよみがえり、名前も頭ににきざま
  れる。
  ちょっと、日本美人風のほっそりした人だ。
  松下電工の美容家電商品の五代目、イメージキャラクターに起用されたとの事。
  
  これまでに、水野真紀、松嶋菜々子、片瀬那奈、中谷美紀が起用されているとのこと。
  片瀬那奈といえば・・・彼女の出ていたドラマ、「一番大切な人は誰ですか?」これは面白いドラマ
  だった。
  片瀬那奈のふんわりした不思議な温かみのあるキャラクターが、良かった。
  
  ところで、イメージキャラクターというのもなかなか大変。
  まず、事件を起こせない。私生活にも注意が必要だ。その企業の求めているイメージを壊したら、
  即その人のコマーシャル価値は半減してしまうから。

  たぶん仲間由紀恵が出た今までのコマーシャルは、評判が良く、企業にとっても、売り上げ増加の
  効果が現れたのだろう。
  
  たとえば、今日ネットニュースで読んで驚いた、小泉今日子。
  彼女もついこの前までは、コマーシャルの女王などと言われたものだ。
  でも、ニュースに出ていた、『当て逃げした事』が、事実だとすると、コマーシャル価値と言う面では、
  ものすごいイメージダウンなのでは?
  
  参照:小泉今日子さん:運転中に当て逃げで事情聴取
      仲間由紀恵:「きれいなおねえさんは、好きですか。」
                                              2005年1月29日 


                                           >>過去の日記










[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析