京都小6殺害:何かずれている荻野裕(ゆう)容疑者の
                      将来の夢は「普通の立派な人」 
                               2005年12月13日 
 
 注目

 ・栃木女児殺害7つの鍵
 ・北尾吉孝ピンチ!
 ・小嶋進にみのキレマクリ
 ・小泉ブッシュに感激の声
 ・チョコ好きペルー男逮捕
 ・姉歯もかすむ小嶋社長
 ・姉歯に発注社長が自殺
 ・ラリーと呼ばれた少年
 ・女子行員10億円横領
 ・女子高生事件の脳問題
 ・フランス暴動をあやつる
 ・神田うのの新恋人の過去
 ・3億円、簡単で拍子抜け
 ・ファーブルちゃん毒盛り
 ・NHK記者、放火で逮捕
 ・毒殺未遂女子高生ブログ
 猫も毒殺,女子高生
 ・母親に毒物,女子高生
 ・悪魔のようなサッチー
 ・逃げるが勝ち杉村太蔵
 ・内田恭子・危機一髪
 ・田中角栄、雪で寒かろ
 ・死刑判決で犯人は匿名
 ・後藤良次の殺人告白2
 ・後藤良次の殺人告白1 
 ・NANA・意外によかった
 ・村上世彰は、どんな人?
 ・杉村太蔵・中絶疑惑
 ・東京タワーよじ登り逮捕
 ノー天気発言・杉村太蔵
 ・あいのりデヴィのAV
 小泉首相の黒いウワサ2
 ・小泉首相の黒いウワサ
 安藤美姫の母の活躍
 ・
佐藤ゆかりの彼氏メール
 女性が次々入信ザイン
 ・花火好きなゾンビ
 ・
ザインに女性が次々入信
 ・
佐藤ゆかりの不倫メール
 ・新党は大地か禿げか
 ・杉田かおる手記にキレタ
 ・
イノシシ社長、政界参入
 

 小学6年の堀本紗也乃(さやの)さんが、塾講師の大学生に殺害された。
 それでこの大学生の荻野裕(ゆう)という人の感覚のズレ具合がオレには
 とっても気になってしまう。

 中学時代の卒業記念文集に、将来の夢を「立派な普通の人」と書いていた
 というが、その夢もむなしく「立派」にも「普通」にもあてはまらない人生を
 歩んでしまったようだ。

 だいたい「立派」と「普通の人」というのは、言葉の意味的に相反するの
 では?
 彼にとっては、逆に「普通の人」であることが「立派」な事と認識するほど、
 自分の異質性が気になっていたのか?

 また、「中学三年間の中で一つのことに向かって勤しみ目標が達成された
 ことは幸福であった」と書いていたようだが、幸福と書いていたわりには、
 こんな言葉も連ねている。
 「人生において重要と思われることの大半は勝手に決められている。そん
 な馬鹿なことはないと憤慨しても、全く仕方がない」

 本当に勝手に決められた事に憤慨するならば、「全く仕方がない」とすぐあ
 きらめの言葉で結ぶことにも矛盾を感じる。
 行動する前に、理屈の中で納得してあきらめている。

 一番、わかりにくいのが彼女の殺害の理由。
 「(紗也乃さんとの)関係を断ち切るにはこうするしかなかった。最初から
 殺すつもりで塾に刃物を持って行った」
 そして「(紗也乃さんとの)人間関係がうまくいかず、逃げたかった」と供述
 したという。

 「こうするしかなかった」わけではなく、選択肢はいくつもあっただろうに。
 「塾のアルバイト先を変更すればいいじゃないか!」と、これまた多くの人が
 感じることであろう。

 荻野裕容疑者は、学内推薦で同大学法学部に入学し、「犯罪と刑罰」を
 研究するゼミに所属した。
 そこではいったい何を学んでいたのか?学ぶよりも、そのタイトルどうりの
 「犯罪と刑罰」を体験する事になったこの男の人生…
 本当にまあ関心してしまうくらいにズレまくっている。


 
 





☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング




[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析