鬼の中国美人妻・鈴木詩織の犯罪と蛇頭
 
                                      2006年3月21日 
 
 注目


 ・娘の殺害岡本千鶴子
 ・元キャバ嬢太田和美
 ・ほしのあきFカップ謎
 ・次世代DVD戦争
 ・騒音おばさん反省ナシ
 ・安達祐実の母ヘアヌード
 ・横田めぐみ拉致問題
 ・女優や歌手の美の崩壊
 ・ハードディスクのお医者
 ・富山安楽死事件の真相
 ・外科部長は赤ひげ先生
 ・朝青龍ホステス暴行事件
 ・詩織・結婚仲介業の実態
 ・5億相続・謎の主治医
 ・鈴木詩織の犯罪と蛇頭
 ・ミュンヘンのわかりにくさ
 ・詩織は人気性感マッサージ
 ・江原啓之バッシング始まり
 ・鈴木詩織インスリン殺人
 ・週間新潮・黒い報告書
 ・
90歳女性に性的暴行男
 ・木村一八3度目の逮捕
 ・いちゃもん荒川静香
 ・アカデミー賞・問題ズラリ
 ・格闘家経験あり西澤孝
 ・ワンセグ技術が巨人戦
 ・永田寿康こだわりメール
 ・静香のワインとアイスクリーム
 ・お口で占いさせて
 ・荒川静香の金の舞
 ・安藤・荒川・村主
 ・安藤美姫号泣ショック
 ・ムハンマド風刺画騒動
 ・鄭永善2園児殺害
 ・テレクラ坂本明浩の逮捕
 ・紀子さまとコウノトリ
 ・姉の細木数子を批判
 ・西田憲正あやまり人形
 ・野口英昭自殺説
 ・ライブドア株値上がり
 ・裸路線の矢部美穂
 ・ホリエモン麦めしペロリ
 ・野口と安部と小嶋進
 ・ハーレム親父はホラ好き
 ・地元のヤクザが実行犯
 ・女性11人まだ足りない
 ・ホリエモンとヤクザ金脈
 ・遺書もなく非常ベル
 ・堀江貴文社長・逮捕
 ・絵美告発証言、ミキに
 ・自殺か他殺?野口氏
 ・破局後は吉川ひなの
 ・シングルマザーの一歩
 ・女優開眼AV女優平沢
 ・娘の携帯番号教えろ
 ・えみりとキム兄結婚
 ・病院の新生児誘拐
 ・みのは紅白の救世主
 ・みのNHKと決別か
 ・中国の脅迫に自殺
 ・内河健の逮捕は?
 ・インリン様の引退
 ・安藤美姫と泉ピン子
 ・みずほ誤発注で20億
 ・内河健の福岡の女
 ・キング・コングの監督
 ・マドンナ健在アルバム1位
 ・レコ大審査委員長失踪
 ・キーワード抽出新システム
 ・京都小6殺害犯のズレ
 ・栃木女児殺害7つの鍵
 ・北尾吉孝ピンチ!
 ・小嶋進にみのキレマクリ
 ・小泉ブッシュに感激の声
 ・チョコ好きペルー男逮捕
 姉歯もかすむ小嶋社長
 ・姉歯に発注社長が自殺
 ・ラリーと呼ばれた少年
 ・女子行員10億円横領
 ・女子高生事件の脳問題
 ・フランス暴動をあやつる
 ・神田うのの新恋人の過去
 ・3億円、簡単で拍子抜け
 ・ファーブルちゃん毒盛り
 ・NHK記者、放火で逮捕
 ・毒殺未遂女子高生ブログ
 ・猫も毒殺,女子高生
 
 
 何か事件があると、あっとゆうまにその事件や犯人に特徴的な名前がつく。
 今回の大量のインシュリンを投与し殺害しようとした事件では、彼女が中国
 出身であることや、以前に夫に熱湯をかけて全治5ヶ月の大ヤケドを負わせ
 ていることなどから、ついたネーミングが中国美人鬼嫁。
 もしくは、美人を除いて中国鬼嫁と呼ばれる。

 ところで、今回の事件の他にも中国鬼嫁事件はある。
 どんな事件があるのか?
 
 ☆平成18年2月 2園児殺害
    滋賀県長浜市で、中国妻(34)が自分の娘と幼稚園グループ登園中
    の園児2人を包丁で刺殺。夫(47)は、事情聴取に「2003年ごろから
    家庭で暴れ、救急車で病院に連れていくことがあった」と説明。
 ☆平成15年1月 撲殺
    秋田県鷹巣町で中国妻(37)が鈍器で夫(48)の頭を殴って殺し自主。
 ☆平成14年12月 殺人放火
    栃木県大田原市で中国妻(30)が夫(54)の首を刃物で刺して殺害、
    現場アパートに放火した。
 ☆平成14年4月  町職員を刺殺
    山梨県早川町で町職員(48)を中国妻(32)が刺殺。
    夫の交友関係をめぐり口論となり、胸、腹などを刺した。
 ☆平成14年2月  替え玉殺人
    大阪市の男性(77)の中国妻(46)が夫の死亡を偽装し資産を相続。
    身代わり役の男性(69)ら2人を殺した容疑で国際手配された。
 
 これらの例からわかるように、夫と中国人妻との年齢差は10歳以上。
 替え玉殺人に関しては、年齢差が31歳もある。
 
 ところで、この事件が報道されたときに、鈴木詩織に関する事で興味を引
 いた部分は事件後「台東区でピンクエステ店を始めていた」という部分だった。

 案の定、事件を報道する週間誌はこの部分をクローズアップして報道した。
 鈴木詩織が経営していた性感エステ「メサイア」のホームページ(閉鎖)には、
 「身長158センチ B88・W59・H88」と抜群のプロポーションを紹介。
 年齢は8歳さばを読んで「25歳」。人工美の笑顔をアップで載せていた。

 今となっては皮肉な響きを持つが、こんなメッセージも記されていた。
 「新しい出会いを発見する。そんな出会いになります。真心を忘れていませ
  んか」
 ところで、人工美の笑顔とプロポーションを得るために鈴木詩織が注ぎこん
 だ整形手術代は約1000万円。
 結婚当初の写真と比べると、まず顔全体の輪郭が違う。プロポーションがガ
 ラリと違う。
 腫れぼったいまぶたはパッチリの二重に。これでは、昔の姿しか知らない人
 はすれ違っても気が付かないだろう。

 次にオレがこの事件で引っかかった部分が暴力団風の車。
 その言葉は週刊文春3月23日号での記事に出てくる。
 このサイトでは、3月18日にその事を書いた。
 彼女にインスリン注射の打ち方を教えた田口久美子(41)。
 彼女の主人が倒れる前に、「暴力団風の黒塗りの車が自宅の前に並んで
 若い人たちが来ていた」という部分。そこが妙に心に残った。
 
 暴力団が関係しているのか?という疑問に答えてくれるかのように、今度は
 週刊現代4月1日号の記事。
 鈴木詩織は蛇頭(スネークヘッド)に関係しているとみて、県警が追求してい
 くとの事。

 千葉県警幹部が週刊現代に語った。
 「ここ数年、詩織は中国お見合いツアーを主催して結婚の仲介業をしていた。
 自分の結婚を成功例として中国の女性たちに宣伝し、日本人の妻になる
 女性を募っていたんです。
 稼いだ金は、風俗での収入より大きかったと思われます。仲介のため何度も
 中国に渡っていて、その費用は夫に出させていた。ところが、稼ぎは家にい
 れないため、夫婦間でたびたびトラブルになっていたようです。」
 
 「中国マフィアを含め、日本に入る手引きをし、旅券偽造や職の斡旋などを
 行っている者を総称して『蛇頭(スネークヘッド)』と呼びますが、捜査本部は
 詩織が日本側の『受け入れ蛇頭』に所属しているとの見方を強めており、
 厳しく追求していく方針です。(中略)」

 この県警の話は、全て鈴木詩織のものだ。彼女に死に至るインスリン注射の
 方法を教えた共犯の田口久美子の方はどうなのか?情報が逮捕された時点
 で、止まっている。
 
 また、鈴木詩織を風俗の道に導いた、彼女の実の妹も気になる存在だ。
 妹も同じく日本人男性と結婚し、3年以上前から風俗業を生業としていた。
 店の名は「エリアス」。詩織はここに最初、勤めた。その後、詩織はエリアス
 と同じフロアに突然メサイアをオープン。姉に裏切られたと思った妹は激怒
 し、昨年末『中国に帰る』といい残したまま、姿を消してしまったという。
 詩織の妹は、今どこで何をしていることやら・・・・。

           

 参照:インスリン“中国鬼嫁”整形に1000万円…風俗で荒稼ぎ    SANSPO.COM

 




☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング



[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析