岡本千鶴子の長男は白骨男児?娘はネットに日記!

                                           2006年5月5日 

 
 注目

 ・娘の殺害岡本千鶴子
 ・元キャバ嬢太田和美
 ・ほしのあきFカップ謎
 ・次世代DVD戦争
 ・騒音おばさん反省ナシ
 ・安達祐実の母ヘアヌード
 ・横田めぐみ拉致問題
 ・女優や歌手の美の崩壊
 ・ハードディスクのお医者
 ・富山安楽死事件の真相
 ・外科部長は赤ひげ先生
 ・朝青龍ホステス暴行事件
 ・詩織・結婚仲介業の実態
 ・5億相続・謎の主治医
 ・鈴木詩織の犯罪と蛇頭
 ・ミュンヘンのわかりにくさ
 ・詩織は人気性感マッサージ
 ・江原啓之バッシング始まり
 ・鈴木詩織インスリン殺人
 ・週間新潮・黒い報告書
 ・
90歳女性に性的暴行男
 ・木村一八3度目の逮捕
 ・いちゃもん荒川静香
 ・アカデミー賞・問題ズラリ
 ・格闘家経験あり西澤孝
 ・ワンセグ技術が巨人戦
 ・永田寿康こだわりメール
 ・静香のワインとアイスクリーム
 ・お口で占いさせて
 ・荒川静香の金の舞
 ・安藤・荒川・村主
 ・安藤美姫号泣ショック
 ・ムハンマド風刺画騒動
 ・鄭永善2園児殺害
 ・テレクラ坂本明浩の逮捕
 ・紀子さまとコウノトリ
 ・姉の細木数子を批判
 ・西田憲正あやまり人形
 ・野口英昭自殺説
 ・ライブドア株値上がり
 ・裸路線の矢部美穂
 ・ホリエモン麦めしペロリ
 ・野口と安部と小嶋進
 ・ハーレム親父はホラ好き
 ・地元のヤクザが実行犯
 ・女性11人まだ足りない
 ・ホリエモンとヤクザ金脈
 ・遺書もなく非常ベル
 ・堀江貴文社長・逮捕
 ・絵美告発証言、ミキに
 ・自殺か他殺?野口氏
 ・破局後は吉川ひなの
 ・シングルマザーの一歩
 ・女優開眼AV女優平沢
 ・娘の携帯番号教えろ
 ・えみりとキム兄結婚
 ・病院の新生児誘拐
 ・みのは紅白の救世主
 ・みのNHKと決別か
 ・中国の脅迫に自殺
 ・内河健の逮捕は?
 ・インリン様の引退
 ・安藤美姫と泉ピン子
 ・みずほ誤発注で20億

 ・内河健の福岡の女
 ・キング・コングの監督
 ・マドンナ健在アルバム1位
 ・レコ大審査委員長失踪
 ・キーワード抽出新システム
 京都小6殺害犯のズレ
 ・栃木女児殺害7つの鍵
 北尾吉孝ピンチ!
 ・小嶋進にみのキレマクリ
 ・小泉ブッシュに感激の声
 ・ョコ好きペルー男逮捕
 ・姉歯もかすむ小嶋社長
 ・姉歯に発注社長が自殺
 ・ラリーと呼ばれた少年
 ・女子行員10億円横領
 ・女子高生事件の脳問題
 ・フランス暴動をあやつる
 ・神田うのの新恋人の過去
 ・3億円、簡単で拍子抜け
 ・ファーブルちゃん毒盛り
 ・NHK記者、放火で逮捕

 ・毒殺未遂女子高生ブログ
 猫も毒殺,女子高生
 ・母親に毒物,女子高生
 ・悪魔のようなサッチー
 ・逃げるが勝ち杉村太蔵
 ・内田恭子・危機一髪
 ・田中角栄、雪で寒かろ
 ・死刑判決で犯人は匿名
 ・後藤良次の殺人告白2
 ・後藤良次の殺人告白1 
 ・NANA・意外によかった
 ・村上世彰は、どんな人?
 ・杉村太蔵・中絶疑惑
 ・東京タワーよじ登り逮捕
 ノー天気発言・杉村太蔵
 ・あいのりデヴィのAV
 小泉首相の黒いウワサ2
 ・小泉首相の黒いウワサ
 安藤美姫の母の活躍
 ・
佐藤ゆかりの彼氏メール
 女性が次々入信ザイン
 ・花火好きなゾンビ
 ・
ザインに女性が次々入信
 ・
佐藤ゆかりの不倫メール
 ・新党は大地か禿げか
 ・杉田かおる手記にキレタ
 ・
イノシシ社長、政界参入
 コアラちゃんの窒息小説
 ・フェロモン大作戦?
 窒息フェチによる殺人
 ・ハズレ!林眞須美の手記
 ・面白すぎる教団ザイン
 次世紀ファーム研究所の謎
 ・永岡議員の自殺に号泣
 ・
菊間穴埋めに河合ハッスル
 ・
林由美香と苺みるく
 グーグルハッキングとは?
 橋本真也エピソード
 ・菊間の母語る
 ・見たいドラマ・ドラゴン桜


 
 
 ● 白骨男児は長男の可能性
 神奈川県のアパートで男女と男児1人と乳児2人の計5遺体が見つかった
 事件。
 『男の子と乳児2人は誰の子供なのか?』という疑問のうち、「男の子」が誰
 の子供なのかが、ほぼ決まった展開となった。

 娘の岡本利加香(りかこ)さんに対する殺人容疑で逮捕された岡本千鶴子
 (54)。彼女の息子、利英ちゃん(当時6)が22年前に行方不明になってい
 る。
 
 利英ちゃんは当時保育園児だった。身長は約1メートル20で、アパートのダ
 ンボールから見つかった1人の子供の遺体と一致する。遺体は白骨化してい
 て相当古いことから、DNA鑑定する。と同時に千鶴子容疑者を追求していく。
 但し、仮に遺体が利英ちゃんで事件の被害に合っていたとしても、時効(15
 年)が過ぎており、県警は立件は難しいとみている。

 調べでは、千鶴子容疑者は長男の利英ちゃんが行方不明になった際、「買い
 物から帰宅したらいなくなっていた」と届けた後、数十万円かけて捜査協力を
 求めるビラを作成。内縁関係にあった平塚市内のそば店周辺でビラをまい
 たり商店の店先に張ってもらうよう歩き回るなどした。憔悴しきった様子だっ
 たという。

 その後、千鶴子容疑者は「子供は死んだので金を貸してほしい」などと知人
 らに話し、数百万円単位の借金を重ねていた。また、墓を購入しようとしたり、
 『ミスで死なせたのでは』との噂もあり、警察が当時、自宅を捜索していたと
 いう情報も流れている。

 ● 岡本千鶴子容疑者の素顔
 この事件の特集をやるので、今日もひきつづき、ザ・ワイドという番組をみた。
 今日は千鶴子容疑者の母親が出演していた。なつかしい青森県の津軽弁が
 聞けたので、故郷を思い出した。
 
 千鶴子容疑者の母親は、「ひさびさにかかってきた電話は金の無心だった。
 その後、男からも金の要求があった。名前は峰宏と言った。まるっきり娘は
 変わってしまった。もう死ぬしかない。死んでおわびをするしかない」
 というようなことを述べていた。また、千鶴子容疑者が知人や近所の住民に
 お金を借りまくっていることがレポーターのインタビューでわかった。

 千鶴子容疑者は、母親のなまりでわかるように青森県出身。
 1度結婚したことがあり、長女(現在33歳)を出産。北海道に渡った後に
 上京した。神奈川県秦野市などのキャバレーでホステスをしていた。そこで
 そば店の店主の男性と知り合う。男性が一目ぼれ。千鶴子容疑者は長女を
 連れて、本妻を追い出す形でそば店に入り込んだ。

 男性はほれた弱みで、千鶴子容疑者には頭があがらなかった。近所の住民
 によると、早朝からお店で働いていた本妻に対し、千鶴子容疑者は朝10時
 ごろに店に顔を出し、コーヒーを飲むだけ。本妻の二男にはご飯を食べさせ
 ないなどしていじめていた。

 そばの味も落ちて客足が遠のくにつれ借金を重ねるようになる。知人によれ
 ば「3000万円ぐらい貸した人もいる」とのこと。「理由は問屋の支払いができ
 ない、娘ががんで高い薬を飲まないと死んでしまうなどうそばっかり」とは近所
 の住民。以前住んでいたマンションは、2、3ヶ月分の家賃を滞納して追い出
 された。

 ● 岡本利加香(りかこ)さん、ネットに日記
 最近の若い人が関係する事件では、手掛かりとして、インターネツトへの書
 き込みがポイントになってくる。母親に殺された岡本利加香さん(19)も、イン
 ターネツト上に日記を書き残していた。
 殺害される直前には、こう書いている。
     2005年10月12日
     02:10 友達って難しいな。
     今年に入ってなんかおかしいよ・・・もうやだ。

 
 彼女は明治大学の演劇サークル活動に参加し、大学入学を夢みていた。
 ザ・ワイドでも、何度か演劇をする彼女の映像の一部が流されていた。
 
 ネットに書き込まれた自己紹介では、
 「大学生じゃないのにちゃっかりサークル生活を満喫してます☆
 ただいませっせと受験勉強中。
 誰か効率の良い勉強方法を教えて下さい・・・。
 
 見た目も中身も幼いとよく言われるので、19歳になった今年の目標は
 「大人の女に なること」です!
 そのためにリボンを卒業したのですが、お店で見かけるとついつい買ってしま
 います ・・・かわいいんだもん。
 でもつけてません。大人ですからっ。」

 
 と、とても明るいイメージ。
 現場アパートに住む女性(29)は「すごい細い子で、かわいらしいなと思った」
 と利加香(りかこ)さんの印象を語る。

 彼女の日記は、昨年8月30日に始まる。殺害された10月12日未明まで
 続いた。1ヶ月半の書き込みで終わった。母親への不満や現在の生活への
 不満が見られる記述もある。

 「しかし朝から家でごたごたぐちゃぐちゃと色々あってわりと大騒ぎ。朝から
 夕方まで大泣き・・・たぶん喜怒哀楽くらい激しかったな。。」
(九月九日)
 「はぁ・・・もうだめだ。。
 人生思うように行かないものですね。
 些細なことかもしれないけどちょっとキツい。。」
(九月十四日)
 
 「今日は買い物に行こうかと思ったんですが、親の様子が微妙なので1日中
 ごろごろ。 とりあえず勉強とかしてみましたが、あんまり長続きせず・・・
 うむむ。」
(九月十八日)

 「やりたいことをみんな押さえつけられても我慢して、一生懸命やってるつ
 もりだよ。なのにそれは当たり前なの?
 りかこに友達との約束をドタキャンさせるのは平気なのに、自分の予定がう
 まくいかないと八つ当たり?
 いつもいつもみんなに迷惑かけて悩んでるのに全然わかろうとしないんだ
 ね。この2年間いつもそう。
 やりたいことは全部やらせてくれてるようで最後に全部だめにされて。
 卒公見に行くって言ったときなんて行った?
 普通あんなこと言えないよ、多分一生忘れられない。」
(九月二十五日)

 「自由がほしい
 そんな監禁状態な生活、ひっきーです。
 やけ食いでぷくぷくしてきました、やばいです。」
(九月二十八日)
 
 「親にはぐちぐち八つ当たりされるし、予定はつぶされるし。。
 はぁ・・・やっぱり楽しみにしちゃだめなんだな。。
 あぁぁもうだめだほんとむかつく
 親もうざいし自分もうざいしいらいらいらいら」
(十月六日)

 彼女の心情的なゆれは、文章から感じられるが、具体的なことは浮かんで
 こない。それに、彼女の後を追うようにして自殺をした山内峰宏(35)さん。
 彼に関する情報も少なく、未だにこの事件は不明な部分が多い。
 
        

 参照:平塚の白骨化男児は容疑者長男か スポニチ
    '84年に「息子がいない」と届け出 平塚5遺体事件  asahi.com
    『何かおかしい…もうやだ』 殺される直前ネットに『日記』 東京新聞
    平塚事件 資料 (まとめサイト)

 






☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング



[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析