テレビも週刊誌も特集・秋田の畠山鈴香が犯した殺害事件
                     
                              2006年6月9日 1:30
 
 注目

 盗作疑惑の和田義彦
 ・
畠山鈴香の無責任人生
 警察の理由A彩香の母
 黒木香裏ビデ裁判勝つ
 ・警察の理由−彩香の母

 ・彩香の母は犯人か否か
 ・101匹の死と暮らした
 ・秋田の児童殺人の犯人 

 
ダ・ヴインチ・コードの評価
 ・悪魔か?山地悠紀夫

 ・サップ謎の試合トンズラ

 ・
娘殺害日にステーキ千鶴子
 ・屍と暮らす女・千鶴子
 ・
血の海にした伊藤嘉信
 ・
千鶴子の長男は白骨
 ・娘の殺害岡本千鶴子
 元キャバ嬢太田和美
 ・
ほしのあきFカップ謎 
 ・次世代DVD戦争
 ・
騒音おばさん反省ナシ
 安達祐実の母ヘアヌード
 ・
横田めぐみ拉致問題
 ・
女優や歌手の美の崩壊
 
ハードディスクのお医者
 ・富山安楽死事件の真相
 ・外科部長は赤ひげ先生
 ・朝青龍ホステス暴行事件

 ・詩織・結婚仲介業の実態
 ・5億相続・謎の主治医
 ・鈴木詩織の犯罪と蛇頭
 ・ミュンヘンのわかりにくさ
 ・詩織は人気性感マッサージ
 ・江原啓之バッシング始まり
 ・鈴木詩織インスリン殺人
 ・週間新潮・黒い報告書
 ・90歳女性に性的暴行男
 ・木村一八3度目の逮捕
 ・いちゃもん荒川静香
 ・アカデミー賞・問題ズラリ
 ・格闘家経験あり西澤孝
 ・ワンセグ技術が巨人戦
 ・永田寿康こだわりメール
 ・静香のワインとアイスクリーム
 ・お口で占いさせて
 ・荒川静香の金の舞
 ・安藤・荒川・村主
 ・安藤美姫号泣ショック
 ・ムハンマド風刺画騒動
 ・鄭永善2園児殺害
 ・テレクラ坂本明浩の逮捕
 ・紀子さまとコウノトリ
 ・姉の細木数子を批判
 ・西田憲正あやまり人形
 ・野口英昭自殺説
 ・ライブドア株値上がり
 ・裸路線の矢部美穂
 ・ホリエモン麦めしペロリ
 ・野口と安部と小嶋進
 ・ハーレム親父はホラ好き
 ・地元のヤクザが実行犯
 ・女性11人まだ足りない
 ・ホリエモンとヤクザ金脈
 ・遺書もなく非常ベル
 ・堀江貴文社長・逮捕
 ・絵美告発証言、ミキに
 ・自殺か他殺?野口氏
 ・破局後は吉川ひなの
 ・シングルマザーの一歩
 ・女優開眼AV女優平沢
 ・娘の携帯番号教えろ
 えみりとキム兄結婚
 ・病院の新生児誘拐
 ・みのは紅白の救世主
 ・みのNHKと決別か
 ・中国の脅迫に自殺
 ・内河健の逮捕は?
 ・インリン様の引退
 ・安藤美姫と泉ピン子
 ・みずほ誤発注で20億
 ・内河健の福岡の女
 ・キング・コングの監督
 ・マドンナ健在アルバム1位
 ・レコ大審査委員長失踪
 ・キーワード抽出新システム
 京都小6殺害犯のズレ
 ・栃木女児殺害7つの鍵
 北尾吉孝ピンチ!
 ・小嶋進にみのキレマクリ
 ・小泉ブッシュに感激の声
 ・ョコ好きペルー男逮捕
 ・姉歯もかすむ小嶋社長
  
 
 
 テレビ番組欄を見ると、何の事件が今一番注目されているのかが、よくわ
 かる。
 現在はテレビ欄を見るまでもなく、『秋田の畠山鈴香が犯した事件』が一番
 放送されているだろう。
 あえてテレビ欄を見ていくと・・・・。

 秋田小1男児殺害関連を『読売新聞の朝刊』のテレビ欄から拾っていく。
 NHKでその事件をタイトルにしているものはない。但し、エレベーター死亡事
 故に注目している。
 ニュースウオッチ9でのタイトルが「エレベーター死亡事故どこまで進む原因
 究明」。
 
 ● 一日中、鈴香と共に
 日本テレビではごくろうな事に1日その事故を追っている。
 5時20分の”スームインSUPER”で「水死の女児親子関係」。
 8時からの”スッキリ”で「鈴香容疑者が殺害否認・・・豪憲くんの祖父沈痛
 告白」
 9時55分の”ラジかるッ”で 「生続報 鈴香容疑者の衝撃過去」。
 
 昼過ぎには1時55分から”ザ・ワイド”「総力追跡 鈴香容疑者 
 @元刑事が直撃した5日間の全容 A届かなかった・・・彩香ちゃんが夢見
 たドレス」
 4時53分のリアルタイムでは「女児水死の関係は?小1殺害事件・・・
 その後」
 
 こうしてみると、畠山鈴香はまるで日本テレビの電波を制覇してしまったかの
 ようだ。
 TBSテレビも、朝5時半の「みのもんたの朝ズバッ!」から始まり9時55分の
 「きょう発プラス」は3時間拡大スペシャルで特集する。「秋田小1男児殺害
 事件いまだ残る謎徹底検証」
 (しかし、みのもんたは朝5時半からテレビでのお仕事・・・なんともご苦労な
 事である。体の方は本当に大丈夫なのか?)
 
 この秋田の事件の取り上げ方は『日本テレビやTBSテレビ』が頑張っている。
 そこまでいかないにしても、『フジテレビとテレビ朝日』もニュースの特集タイ
 トルからこの事件を目玉ニュースの一つにとらえているのがわかる。
 
 ● テレビ東京がありそうでない
 テレビ東京は”鈴香容疑者や秋田小1男児殺害”のタイトルはナシ。
 ニュースではもちろん取り上げているだろうけど、たとえば朝8時のモーニン
 グショーのタイトルは「朝は楽しく!」
 さすがにこのタイトルに秋田小1男児殺害事件は合わない。
 みごとに、”わが道を行く”タイプで、拍手でもしたくなるような一貫性だ。

 さて、今日は週刊新潮の発売日。
 週刊新潮(6月15日号)も、8ページにまたがっての特集。記事の見出しは
 『新聞が書けない「悲劇の母親」の隠された素顔』
 それでは今度はその記事の小見出しに沿って、いくつか拾い書いていく。

 ● 「アリバイなし」を自白した「釈明会見」の墓穴
 
 ある記者が、「雑誌がいろいろと書いていますが・・・・・・」と鈴香に感想を求
 めると、「全部ウソです。彩香とはいつも一緒だった。冷たくあしらったことは
 ない」と言っていたという。
 
 「豪憲ちゃんがいなくなった日は、どこで何をしていたんですか?」に対して
 鈴香は、「午後2時から4時までひとりで家(団地)にいました」と、答えた。
 結果的にアリバイがないことを自白することとなり、これで鈴香に対する疑惑
 がますます深まり、捜査員の心証を”黒”に傾かせる一つの要因になった。
 
 サメとしては、ここのやり取りより、いかにも創作したかのような鈴香の奇妙
 な目撃者情報に注目した。
 『豪憲ちゃんが行方不明になる前に、車に乗った不審な男を団地内で見た』
 ここで、「何かヘンだなあ。」と、思った。
 
 ● 決め手は「ランドセル」の指紋と「ラビちゃん」の毛
 
 捜査本部が早い段階で容疑者を鈴香一人にしぼった背景には、以下の2点
 の物証があった。
 
 「豪憲ちゃんの遺体と共に発見されたランドセルから、彼本人と家族以外の
 指紋が検出されたことはすでに報道されています。これを、鈴香の立ち回り
 先で得た指紋と照合した結果、一致したのです。」(捜査関係者)

 「だったら、もう少し早く逮捕に踏み切れたのでは?」と、サメは思う。様子を
 見ていたのは、何か理由があるのだろうか?
 また、もう1点。これは捜査上の秘密にしていたのだろう。

 「豪憲ちゃんの服にはウサギの毛が付いていました。また鈴香が自宅で数ヶ
 月前までウサギを飼っていたことも分かった。豪憲ちゃんは最近、ウサギに
 触れる機会がなかったことも判明しており、鈴香が彼を自宅に連れこんだこと
 の裏付けとなるのです。」(捜査関係者)

 鈴香が飼っていたウサギはラビと名づけられ、亡くなった彩香ちゃんが可愛
 いがっていたという。
 「自殺説」まで、出るほど苦しい思いをした、彩香ちゃんの生活。
 ある意味、母親の無責任子育てに対する復讐になってしまったとも言える。

          

 関連:逮捕された畠山鈴香の無責任人生 <秋田・小1男児殺害>
     彩香の母にやけにこだわる警察の理由 A 秋田2児童変死事件
     彩香の母にやけにこだわる警察の理由 @ 秋田2児童変死事件

 






☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング



[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析