鈴香を血迷わせたのはテレビの力か給付金か!
                     
                              2006年6月20日 1:20
 
 注目

 佐藤ゆかりの不倫報道
 ・
なぜヒゲをのばしたか
 ・
給付金目当ての鈴香
 テレビも週刊誌も鈴香
 盗作疑惑の和田義彦
 ・
畠山鈴香の無責任人生
 警察の理由A彩香の母
 黒木香裏ビデ裁判勝つ
 ・警察の理由−彩香の母

 ・彩香の母は犯人か否か
 ・101匹の死と暮らした
 ・秋田の児童殺人の犯人 

 
ダ・ヴインチ・コードの評価
 ・悪魔か?山地悠紀夫

 ・サップ謎の試合トンズラ

 ・
娘殺害日にステーキ千鶴子
 ・屍と暮らす女・千鶴子
 ・
血の海にした伊藤嘉信
 ・
千鶴子の長男は白骨
 ・娘の殺害岡本千鶴子
 元キャバ嬢太田和美
 ・
ほしのあきFカップ謎 
 ・次世代DVD戦争
 ・
騒音おばさん反省ナシ
 安達祐実の母ヘアヌード
 ・
横田めぐみ拉致問題
 ・
女優や歌手の美の崩壊
 
ハードディスクのお医者
 ・富山安楽死事件の真相
 ・外科部長は赤ひげ先生
 ・朝青龍ホステス暴行事件
 ・詩織・結婚仲介業の実態
 ・5億相続・謎の主治医
 ・鈴木詩織の犯罪と蛇頭
 ・ミュンヘンのわかりにくさ
 ・詩織は人気性感マッサージ
 ・江原啓之バッシング始まり
 ・鈴木詩織インスリン殺人
 ・週間新潮・黒い報告書
 
90歳女性に性的暴行男
 ・木村一八3度目の逮捕
 ・いちゃもん荒川静香
 ・アカデミー賞・問題ズラリ
 ・格闘家経験あり西澤孝
 ・ワンセグ技術が巨人戦
 ・永田寿康こだわりメール
 ・静香のワインとアイスクリーム
 ・お口で占いさせて
 ・荒川静香の金の舞
 ・安藤・荒川・村主
 ・安藤美姫号泣ショック
 ・ムハンマド風刺画騒動
 ・鄭永善2園児殺害
 ・テレクラ坂本明浩の逮捕
 ・紀子さまとコウノトリ
 ・姉の細木数子を批判
 

 『鈴香は、逮捕前に自ら彩香ちゃんの水死を取材するように、テレビ朝日の
 事件情報番組「TVのチカラ」に連絡し、インタビュー取材に協力したという。
 なぜ、「事件」にこだわるのか?
 「事件」にこだわるのは「犯罪被害給付金制度があるからではないか」とさ
 さやかれている。』

 と、サメは13日に書いた。
 違った角度から、今度は週刊現代(7月1日号)が書いている。記事のタイト
 ルは『鈴香容疑者を血迷わせた「テレビの力」』

 連日のワイドショーに出演していた畠山鈴香(33歳)。彼女は事件が起きる
 まではこんなに自分が週刊誌をかざり、テレビに何度も特集を組まれ、マス
 コミに顔を出しまくる存在になろうとは、思いもしなかったろう。
 
 テレビに出る事は実はとても気持ちがいいものだ。

 サメも、今までに2回ほどテレビに出たことがある。一度めは小学校1年生の
 頃だったと思うが、「ピロン」とゆうジュースのコマーシャル。
 2回目は「中学生が受験を控え、どんな事を考えているか」というテーマーで、
 青森県のニュース番組。きちんとテレビスタジオに行き撮った。
 
 「いくら受験だからといって、道徳の時間に数学をやるのはおかしいと思う」
 なんて事を番組で暴露したために、担任の先生が大慌て。校長先生までまき
 こんでのてんやわんやになった。
 懐かしき、学生時代のサメの思い出・・・・。
 
 そして、テレビに出るとおもいがけない人から、「テレビで見たよ。」と、言わ
 れる。その時の誇らしげな気持ちとくすぐったい気持ち。
 それは実に気分のいいものであった。
 
 だから、その時思ったのは、芸能人というのは、
 『相当気分のいいもんだろうなあ』と、ゆうことだった。
 あ、話しがそれてしまった。もといもとい。

 テレビの影響としてこんな声もあるとの事。
 「鈴香の妄想というか、強い思い込みが豪憲君への殺意にまで発展したと
 いうのはほぼ間違いないところだろうが、彼女をそうした犯行に駆り立てた
 ものはなんだったのか。その大きな要因として、鈴香にすり寄って彼女の
 妄想を肥大化させたテレビ局スタッフの責任を問う声が、現場周辺では上
 がっています」

 ところで、鈴香自らが積極的に「娘の死の真相をつきとめてほしい」と情報
 を売り込んだ「TVのチカラ」という番組。
 これに番組スタッフが食いついた。
 その後も鈴香と連絡を取りながら、彼女の一方的な言い分に耳を貸し続け
 たという。

 但し、この「TVのチカラ」という番組は、以前から問題視されていた。
 「TVのチカラ」はノンフィクション・バラエティというジャンル。警察が解決でき
 ない迷宮入り事件を「テレビの力」で公開捜査する。ここまでは、いいのだが、
 その「捜査」にあたっているのが「超能力捜査官」という。
 
 これまで番組には米国CIAの「透視捜査官」、イギリスの「超能力デカ」など
 そうそうたる「捜査官」が登場し、「未解決事件」に挑んでいる。
 しかし、彼らの超能力のみに頼って実際に事件が解決したというエピソード
 は見当たらないとの事。

 なんじゃいそれは・・・・まるでマンガの世界である。
 そもそも番組を作ったプロヂューサーが”やらせ”で有名な『川口探検隊シ
 リーズ』のKさんとのこと。
 
 サメはなんか書いているだけで、力が抜けてきたぞな・・・。
  
 関連:給付金目当てで鈴香「娘は殺された」と主張?
     テレビも週刊誌も特集・秋田の畠山鈴香が犯した殺害事件
     逮捕された畠山鈴香の無責任人生 <秋田・小1男児殺害>
     彩香の母にやけにこだわる警察の理由 A 秋田2児童変死事件
     彩香の母にやけにこだわる警察の理由 @ 秋田2児童変死事件
     今度は「彩香の母は犯人ではない」と反論<秋田2児童変死事件>
     本当に犯人はわかっているのか?秋田・小1男児殺害事件 

         

 





☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング

[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析