13時間ぶり保護・女子大生果菜子さん 誘拐の犯人は「日韓中」
                     
                              2006年6月28日 1:20
 
 注目


 ・走るトムの「M:i:V」
 ・女子大生果菜子の誘拐
 ・サップの試合放棄の訳
 ・放火で0からやり直し
 ・犯罪映画インサイド・マン
 ・放火殺人とカンニング

 ・畠山鈴香とテレビの力
 ・佐藤ゆかりの不倫報道
 ・なぜヒゲをのばしたか
 ・給付金目当ての鈴香

 テレビも週刊誌も鈴香

 盗作疑惑の和田義彦
 ・
畠山鈴香の無責任人生
 警察の理由A彩香の母
 黒木香裏ビデ裁判勝つ
 ・警察の理由−彩香の母

 ・彩香の母は犯人か否か
 ・101匹の死と暮らした
 ・秋田の児童殺人の犯人 

 
ダ・ヴインチ・コードの評価
 ・悪魔か?山地悠紀夫

 ・サップ謎の試合トンズラ

 ・
娘殺害日にステーキ千鶴子
 ・屍と暮らす女・千鶴子
 ・
血の海にした伊藤嘉信
 ・
千鶴子の長男は白骨
 ・娘の殺害岡本千鶴子
 元キャバ嬢太田和美
 ・
ほしのあきFカップ謎 
 ・次世代DVD戦争
 ・
騒音おばさん反省ナシ
 安達祐実の母ヘアヌード
 ・
横田めぐみ拉致問題
 ・
女優や歌手の美の崩壊
 
ハードディスクのお医者
 ・富山安楽死事件の真相
 ・外科部長は赤ひげ先生
 ・朝青龍ホステス暴行事件
 ・詩織・結婚仲介業の実態
 ・5億相続・謎の主治医
 ・鈴木詩織の犯罪と蛇頭
 ・ミュンヘンのわかりにくさ
 ・詩織は人気性感マッサージ
 ・江原啓之バッシング始まり
 ・鈴木詩織インスリン殺人
 ・週間新潮・黒い報告書
 ・90歳女性に性的暴行男

 ・木村一八3度目の逮捕
 ・いちゃもん荒川静香
 ・アカデミー賞・問題ズラリ
 ・格闘家経験あり西澤孝
 ・ワンセグ技術が巨人戦
 ・永田寿康こだわりメール
 ・静香のワインとアイスクリーム
 ・お口で占いさせて
 ・荒川静香の金の舞
 ・安藤・荒川・村主
 ・安藤美姫号泣ショック
 ・ムハンマド風刺画騒動
 ・鄭永善2園児殺害
 ・テレクラ坂本明浩の逮捕
 ・紀子さまとコウノトリ
 ・姉の細木数子を批判

 

 深夜、部屋でのんびり自分の趣味である絵を描いていた。
 そこに施錠したはずのドアから私服姿の7、8人の男らがいきなり室内に
 踏み込んできた。とても焦った様子で「女はどこだ」と声をあげて入って
 きた。「何ですか」と答えると、押し入れを開けたりして2分ほど室内を
 “物色”。
 「ここじゃない」と言った後、「あまり言えないけど人命にかかわることだっ
 た。申し訳ない」と謝って部屋から風のごとく立ち去った。

 これがサメの体験だったら、その男達が立ち去った後に、「ビックリカメラ
 かなんかかな?」と思い、廻りをキョロキョロしたところだ。
 あまりに非現実的で、ドラマかなんかのようだから。
 ところが、これはドラマではなくて現実にあった勘違い。
 女子大生果菜子さんが、誘拐後に監禁されていたマンションを隣の3階
 建てマンションと間違えた。捜査員が同じ「305号室」に誤って突入してい
 た為との事。

 絵を描いていたのは無職の男性(63)。
 絵を描いていただけだったからよかったものの、深夜ともなればそれぞ
 れいろんなシチュエーションが考えられる。
 世の中、何があるか本当にわからないものだ。

 ところで、明治学院大4年の池田果菜子さんの誘拐事件。無事に保護
 され解決したから言えるのだが、まるで映画のような事件だ。ポイント
 となるべき事が揃っている。

 誘拐された果菜子さんは綺麗な女性。
 母親・池田優子さん(47)は「カリスマ美容整形外科医」としてテレビ
 番組や雑誌にも度々取り上げられている。テレビでみた印象は、女子
 大生の娘を持つまりにはずいぶん若いなぁということだった。

 身代金として、電話に犯人から「現金3億円を要求」する電話があった。
 金額の単位がデカイ。
 「カネを用意しろ」という犯人に、「当面400〜500万円ぐらいしか用意
 できない」という母親からの回答。「それが娘の値段か」という問いには
 「3億円必要」という犯人の返事だったそうだ。
 さらに「水曜には1億円、用意できる」と母親は回答したとの事。

 犯人は日中韓の3人組。それぞれ国の違うワルが手を組んで語呂よく
 そろったものだ。
 逮捕の瞬間も突入によって、果菜子さん救出に至った。ここも実に劇的。

 捜査員らはJR川崎駅近くで車に乗っていたところを身柄確保した男
 2人のうち、李勇容疑者(29)に監禁場所を案内させ、突入の準備に
 入った。
 インターホンが鳴る。テレビモニター越しに李容疑者の姿を見たためか、
 1人見張り役で残っていた伊藤金男容疑者(49)は躊躇(ちゅうちょ)せ
 ず、ドアの鍵を開けた。

 捜査員9人がワンルームになだれ込んだ。
 果菜子さん誘拐から13時間が経過していた。
 突入した警視庁捜査1課の男性警部補(36)が、伊藤容疑者を組み倒
 す。供述から室内に包丁があることは分かっていたが、警部補を狙った
 のは改造拳銃の銃口だった。
 発砲された弾は、こめかみ部分をかすり、警部補は軽傷を負った。
 弾倉には、実弾3発がまだ残っていた。

 突入時、果菜子さんはいすに座っていた。「池田果菜子です」と答えた。
 けがなどはなかったものの、「乱暴こそされなかったが、とても怖い思いを
 した」と震える声で話したという。

 崔容疑者らは川崎市内を転々としながら電話を14回にわたってかけてき
 た。被害者の携帯電話を使用していた。
 プリペイド式携帯などと違って、最初から番号が把握された携帯で、これが
 第2の手がかりとなった。
 近年の捜査技術では携帯電話の発する微弱な電波から発信場所をほぼ
 特定することが可能。
 過去の誘拐事件でも、携帯の位置情報が犯人逮捕に直結したケースは
 多いが、発する微弱電波から簡単に位置が割れたとの事。

 ますます携帯は、電話という機能を超えて、側になくてはならないものに
 なりつつある。その事を、新たに実感させる事件。

 参照:飛び交う怒号、響く銃声 女子大生誘拐 Sankei Web 






☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング




[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析