短大生切断事件・エリート家族の中の武藤勇貴容疑者と亜澄さん 
                     
                            2007年1月8日 2:17

 注目



 ・妹切断の兄(武藤勇貴)
 ・再チャレンジ1位英会話
 ・裸騒動の紅白歌合戦
 ・サダム・フセイン死刑
 ・宅八郎が花嫁募集中
 ・ポーカーとスパイと恋愛を
 ・石原真理子という爆弾
 ・近未来通信の石井優
 ・Wii(ウィー)のゲーム改革
 Wii(ウィー)争奪戦12・2
 ・蛭子能収19歳年下と
 ・石井和義のK1脱税
 ・藤原紀香&お笑いタレント

 ・みのも間違う進藤美香
 ・恋多き進藤美香の謎
 ・神田うのと西村拓郎
 ・孫正義社長のマイスペース
 ・中村獅童と竹内離婚へ
 ・映画もアイデアが勝負
 0円商法で大ピンチ
 ・安藤美姫は狙われて
 ・中山可穂の恋愛小説

 負け犬と巣穴女の地獄
 ・藤圭子ギャンブル人生
 ・ケツ毛バーガー事件?
 ・自殺に追い込んだ主任
 ・クローン猫ビジネス沈没
 ・パチスロと辻森耕平
 ・山本モナ復活コール
 ・でかい買い物ユーチューブ
 

     

 



 妹をバラバラ殺害した武藤勇貴容疑者(21)。
 この事件を書いてから、三日経過した。その間に妹の武藤亜澄さんをのこ
 ぎりや包丁で切断した彼の理解しがたい怒りの背景がだいぶ明らかになっ
 てきた。

 ● 「勉強したってだめだ」と受け止めて・・・
 「優しい感じ」「あいさつがよくできる」勇貴容疑者(21)に関しては自宅付
 近では良い評判が聞かれた。
 一方で、学業の方は思いどうりにいかなかった。

 武藤勇貴容疑者は単純に予備校生と見ていたが、今度は4度目の受験
 を控えていたという。確かに年齢からすれば、4度目ということになる。
 昨年4月から通っていた医学系の予備校では、「私立の歯学部を目指し
 ていた。
 早めに(願書を)出すよう指導しているが、彼は年をまたいでしまった」
 と話した。志望校を決め、早ければ願書も提出済みのこの時期、勇貴容
 疑者は未提出だった。

 性格的には、まじめでおとなしいという話しか入っていない。カッとなって
 声を荒らげたとも聞いたことがない」と同理事長。友人の輪の中に加わる
 ことも多かったとの事。

 彼の家族はエリート家族。武藤さん方の夫婦ともに歯科医で大学生の長
 男と勇貴容疑者、亜澄さんとの5人家族。長男は大学の歯学部に在学中。
 祖父も歯科医との事。

 彼の頭の中では歯科医以外の道が考えられなくなっていたのでは?さら
 に願書すら未提出ということは、4度目の受験に対してもまだ自分の中で
 手ごたえを感じるほどの勉強ができていなかったのだろう。

 そこで妹に言われた言葉。「ゆうくん(勇貴容疑者)は勉強をしないから
 成績が悪いと言っているけど本当は分からないね。わたしには夢がある
 けどゆうくんにはないね」。
 その言われたことが、彼には「一生懸命勉強しているのに、勉強したって
 だめだと言われた」と受け止め「なじられ頭にきた」と犯行に至るきっかけ
 を作ったとみられる。

 ● 妹に憎しみか愛情か
 武藤勇貴容疑者は「いつのころからかはっきりしないが、仲が悪くなった」
 と供述。
 彼の浪人生活が始まった約3年前からは会話もしなくなった。関係者によ
 ると、亜澄さんも名前こそ挙げなかったものの周囲に「家族とうまくいって
 いない」などと話していたという。

 しかし、妹と会話しなくなったのは、まったく無関心になったというのとは、
 ニュアンスが違うようだ。
 亜澄さんの切断では胸部を切り取っていた。他は関節部分から切断して
 おり、胸部を“特別視”していた可能性が浮上している。胸は内臓と一緒
 にキャビネットの下から発見された。

 亜澄さんを殺害したあと、31日から1月4日未明まで予備校の冬季合宿に
 参加していたことがわかっているが、取り調べの中で彼は、「犯行後に、
 妹の下着を合宿所に持っていった」と供述していた。性的関心が妹にあっ
 たのでは?
 と思われる行為だ。

 さらにここが一番気になる点だが、医学知識を悪用して解剖をした可能性
 があるという。
 歯学部に合格する知識は足りなかったが、なぜか医学の専門知識は妙に
 豊富だったようだと、記事に出ている。

 ● どこで覚えた解剖学
 亜澄さんの遺体は、包丁やのこぎりなどで、手首、ひじ、肩や足首、ひざ、
 太ももの付け根など、骨の接ぎ目にあたる関節部分を中心に15か所で切
 断されていた。
 切断された遺体は、ポリ袋4つに分けられ、自室のクロゼットとキャビネット
 に隠されていた。ポリ袋は、氷入りのバケツに入っていた。

 武藤勇貴容疑者は調べに対し、遺体の切断方法などについて、専門用語
 を交えて供述しているという。さらに、1人で短時間に遺体を切断している
 ことや、切断しやすい部位を選んで遺体を損壊していることから、解剖の
 医学的知識を悪用した可能性があるという。

 予備校の授業で、具体的な医学知識を学ぶことはないため、捜査1課は、
 どのようにして医学的な専門知識を得たのか追及しているという。
 この事実から、武藤勇貴容疑者の別の面が表出してきそうで、何か恐い
 感じがするのだが・・・。

 ● 亜澄さんの夢
 亜澄さんが兄に「私には夢がある」と語った”夢”とは芸能界にあった。
 グラビアアイドルを夢見ており“新ブログの女王”として人気の「しょこたん」
 こと中川翔子さん(21)に憧れていた。

 彼女は「中性的な魅力を出したい」と、男性にも女性にも取れる「高峯駆
 (たかみね・かける)」との芸名を自ら付け舞台や映画などで活動した。
 昨年11月には出演作品のDVDも発売。自身のブログに活動報告を掲載
 していた。

 そのDVDのタイトルは 「くりいむレモン プールサイドの亜美」
 兄妹の「禁断の愛」を描いた伝説のアニメくりいむレモンの実写版。
 「くりいむレモンレーベル」の第5弾となる成人向けVシネマ。
 純日本美人・北川絵美がスポーツ万能のカンフー少女という設定で新し
 い亜美像を熱演しているとの事。

 そのシネマの予告編で、亜澄さんは顔も判別できない程度に出ている。
 本人がブログに書いているところの2秒ほどしかうつっているにすぎない。
 まだまだ主役をはるには遠い道のりであったようだ。

 「22歳で皆が知っている存在に」と人生設計し、昨年4月から都内の芸能
 事務所に所属。短大の授業が終わると週3回、2〜4時間にわたり芝居や
 ダンスの練習に励んだ。

 家庭環境から「おとなしい子でいなきゃいけない」というプレッシャーを事務
 所の仲間に打ち明ける一方で、「親を納得させるためにも絶対に頑張りた
 い」と夢の実現に意気込んでいたという。 
 「興味あることには何でも真剣に取り組み、負けず嫌いは人一倍」(社長)。
 思ったことをストレートに表現する性格が災いすることもあり事務所が注意
 することもあったという。

 事務所の方針で芝居中心の活動を続けてきたが、身長1メートル57、
 B90W58H87のスタイルを生かしてグラビアの仕事をしたいとの思いが
 断ちがたく、昨年12月15日付で事務所との契約を解消。同月6〜10日
 に東京・下北沢で、看護師役で舞台出演したのが最後の活動となった。

 関係者は「プレゼントをもらったとき『もっと早く欲しかったよね』と言った
 ことがあった。なぜありがとうが言えないのか。その一言が人を傷つける
 ときがあるから毎日メモしなさいと何度も注意した」という。
 発言が招いたとされる事件には「こんなことになるとは」と話していたとの
 事。

           

 参照:短大生切断:亜澄さん「大きな問題が起きている」と漏らす 毎日新聞 
      勇貴容疑者 妹と3年間会話なし スポニチ Sponichi Annex
      亜澄さんの夢は「グラドル」  スポニチ Sponichi Annex
      勇貴容疑者、胸を切り取り、下着持ち出す…妹バラバラ切断事件 SANSPO.COM
      「うちで大きな問題が」…渋谷女子短大生バラバラ殺害 スポーツ報知






☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング



[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析