マンガ家が夢だった千葉大作さんを殺害したのも
                   親族連続殺害の松村恭造か?                   
                           2007年2月3日  23:53
 
 注目

 

    

 ・親族連続殺害松村恭造
 ・そのまんま東3回警察
 ・バラバラ事件の展開
 ・狂騒劇納豆ダイエット
 ・三橋祐輔さんとAV女優
 ・博之の2ちゃん閉鎖?
 ・三橋歌織のバラバラ殺人
 ・サメが死んだと言い訳
 ・スターロン60歳でボクサー
 ・勇貴容疑者と亜澄さん
 ・妹切断の兄(武藤勇貴)
 ・再チャレンジ1位英会話
 ・裸騒動の紅白歌合戦
 ・サダム・フセイン死刑
 ・宅八郎が花嫁募集中
 ・ポーカーとスパイと恋愛を
 ・石原真理子という爆弾
 ・近未来通信の石井優
 ・Wii(ウィー)のゲーム改革
 Wii(ウィー)争奪戦12・2
 ・蛭子能収19歳年下と
 ・石井和義のK1脱税
 ・藤原紀香&お笑いタレント

 ・みのも間違う進藤美香
 ・恋多き進藤美香の謎
 ・神田うのと西村拓郎
 ・孫正義社長のマイスペース
 ・中村獅童と竹内離婚へ
 ・映画もアイデアが勝負
 0円商法で大ピンチ
 ・安藤美姫は狙われて
 ・中山可穂の恋愛小説

 負け犬と巣穴女の地獄
 ・藤圭子ギャンブル人生
 ・ケツ毛バーガー事件?
 ・自殺に追い込んだ主任
 ・クローン猫ビジネス沈没
 ・パチスロと辻森耕平
 ・山本モナ復活コール
 ・でかい買い物ユーチューブ
 藤圭子の夢はいつ開く
 ・山本モナの不倫騒動
 ・梨元勝レギュラーなし?
 ・自分も殺す坂東眞砂子
 ・ダイエット願望にストップ
 ・スーパーマンも悩める青年
 ・復活!植草ミラーマン
 ・9・11テロと祝ご出産
 ・乙武・紀子様出産騒動
 ・中谷歩殺害の真相は?
 ・携帯番号が億で売れる
 グロ過ぎ映画ディズニー
 ・無表情で笑わない男
 ・
ハンカチ王子と監禁王子
 ・バンコクへ性転換に
 ・
84歳が80歳夫を殺害
 ・
ご主人様と地獄生活を
 ・ゆかりの摂理の弁明
 ・
一条ゆかりと摂理の接点
 ・世界一弱いチャンピオン
 ・若林一行は二重人格か
 ・全て山本圭一が悪い?
 ・美肌沙羅の美肌一族
 ・極楽トンボ山本の淫行
 ・殺害当日鈴香に男の影
 ・
彩香ちゃん殺害認める
 ・ヒストリー・オブ・バイオレンス
 ・朝鮮人民軍の牛盗み
 ・
池田優子のケチと脱税
 ・
テポドンはどこ狙い?
 ・9歳で女児を出産
 ・
涙、嫌われ松子の一生 
 ・
サッカー止まらない
 ・
セレブ女医池田優子
 ・走るトムの「M:i:V」
 ・女子大生果菜子の誘拐
 ・サップの試合放棄の訳
 ・放火で0からやり直し
 ・
犯罪映画インサイド・マン
 ・
放火殺人とカンニング
 ・
畠山鈴香とテレビの力
 ・佐藤ゆかりの不倫報道
 ・
なぜヒゲをのばしたか
 ・
給付金目当ての鈴香
 ・テレビも週刊誌も鈴香
 ・
盗作疑惑の和田義彦
 ・
畠山鈴香の無責任人生
 ・警察の理由−彩香の母
 ・彩香の母は犯人か否か
 ・101匹の死と暮らした
 ・秋田の児童殺人の犯人 
 ・ダ・ヴインチ・コードの評価
 ・悪魔か?山地悠紀夫
 ・サップ謎の試合トンズラ
 ・娘殺害日にステーキ千鶴子
 ・屍と暮らす女・千鶴子
 ・血の海にした伊藤嘉信
 ・千鶴子の長男は白骨
 ・娘の殺害岡本千鶴子
 ・元キャバ嬢太田和美
 ・ほしのあきFカップ謎 
 ・次世代DVD戦争
 ・
騒音おばさん反省ナシ
 安達祐実の母ヘアヌード
 ・横田めぐみ拉致問題
 女優や歌手の美の崩壊
 
ハードディスクのお医者
 ・富山安楽死事件の真相
 ・外科部長は赤ひげ先生
 朝青龍ホステス暴行事件
 ・詩織・結婚仲介業の実態
 ・5億相続・謎の主治医
 ・鈴木詩織の犯罪と蛇頭
 ・ミュンヘンのわかりにくさ
 ・詩織は人気性感マッサージ
 ・江原啓之バッシング始まり
 ・鈴木詩織インスリン殺人
 ・週間新潮・黒い報告書

 ・
90歳女性に性的暴行男
 ・木村一八3度目の逮捕
 ・いちゃもん荒川静香
 ・アカデミー賞・問題ズラリ
 ・格闘家経験あり西澤孝
 ワンセグ技術が巨人戦
 ・永田寿康こだわりメール
 ・静香のワインとアイスクリーム
 ・お口で占いさせて
 ・荒川静香の金の舞
 ・安藤・荒川・村主



     

 

 『マンガ学部がある大学がある。』
 ということを、初めてサメは知った。

 世界中から高い評価を得ている日本のマンガ・アニメーション。この新しい
 かたちの芸術・エンタテインメント表現を総合的に学ぶことのできる、日本の
 大学で初めての学部という事で、京都精華大学にはマンガ学部がある。
 指導にあたるのは、第一線で活躍する現役のマンガ家、大手出版社の元
 編集長、世界的に注目を集めるアニメクリエイターたちとの事。

 ● 夢が絶たれた青年
 そこのマンガ学部に所属する大学1年生の千葉大作さん(20)が、京都市の
 市道脇で何者かに刺し殺されるという事件が1月15日に起きている。死因
 は失血死。
 捜査本部の調べでは、千葉さんの手などに身を守った際の傷がなく、いきな
 り刺された可能性が高いとみている。

 「絶対に漫画家になって親に恩返しする」と同級生に語っていた千葉さん。
 周囲に慕われていた青年が抱いた漫画家への夢は大輪を咲かすことなく
 散ってしまった。

 1月20日に、千葉大作さんの告別式が実家の仙台市内の葬儀場で営まれ
 た。
 式場には大学で描いた漫画やデッサンが展示され、地元の同級生や大学の
 関係者ら約300人が早すぎる死を悼んだ。
 告別式で、母親の淳子さんは「私にはもったいないほど、できたいい子でし
 た。生まれてきてくれてよかった」とあいさつ。あちこちですすり泣きの声が
 漏れた。

 大作さんは浪人中は京都市内で家賃2万円のアパートに一人暮らしをして
 いた。
 「親に迷惑をかけられない」と、プール監視員や新聞配達のアルバイトを掛
 け持ちしながら週5日、近くの画塾に通った。

 昨年2月に2度目の受験で不合格になったが、欠員が出て追加合格した。
 漫画「大学生日記」で、その時の心境を「神様は見捨てていなかったのだ」と、
 天使に囲まれ涙を浮かべる「大作少年」として表現している。
 その遺作となった漫画「大学生日記」のコピーが、告別式の参列者に配られ
 たという。

 その漫画「大学生日記」の一部が週刊新潮の2月8日号に、名刺サイズより
 も小さく載っている。「神様は見捨てていなかったのだ」というセリフや
 「人多!」と驚いている表情などが載っている。
 『そんなおまけのような掲載ではなくて、どうせ載せるなら彼の漫画の何枚か
 を特別に掲載してあげたらどうなのだろう?』と、サメは思った。

 週間新潮では、千葉大作さんが少女漫画界の開拓者である「竹宮惠子」の
 愛弟子という表現をしている。
 竹宮惠子と言えば、 『風と木の詩』『地球へ…』が有名で、この二作が小学
 館漫画賞を受賞している。

 ● 目撃者は見ていた
 千葉大作さんの同級生の一人がこう語っている。
 「マンガ学部では女流漫画家の竹宮惠子さんが教授として教えているので
 すが、千葉さんは竹宮先生からずいぶん可愛がられていました」

 そんな千葉さんが授業を終えて学校を出たのは暗くなってから。先にバイ
 クで出発した友人を追いかけるように自転車で市道を走っていた。
 たまたま事件のあった前後に現場を通った目撃者がこう言った。

 「現場は大学から600メートルほど離れたところにある市道ですが、あそこ
 は夜の7時を過ぎると暗くなって人通りも少ないんですよ。(中略)2人の男
 性が言い争っていました。話しは聞き取れなかったけど、”ケンカかな”と思っ
 たんです。
 5メートルくらいまで近づいたとき、長髪の男が一方的に相手を責めている
 様子が見えてたんです。」

 だがこの目撃者が通りかかると、千葉さんとおぼしき男性の姿が急に見えな
 くなった。
 そして、長髪の男性が、歩道の下の畑をしゃがんで見ていた。近くには、この
 男のものと思われる自転車が止めてあった。その男は、自転車とともに姿を
 消している。

 千葉さんは救急車で搬送される直前に駆けつけた警察官に「誰にやられた!
 顔見知りか?」と大声で聞かれ、本人は「知らない人にやられた」と途切れ
 途切れに答えていた。小型ナイフで胸を中心に十数か所突かれ、発見された
 ときはすでに虫の息だったという。

 現場には外国製のウオーキングシューズの跡がたくさん残っていた。犯人の
 自転車はみつかっておらず、遺留品は少ない。だが、取材記者や捜査員の
 間では犯人の可能性として松村恭造の名が囁かれていたとのこと。では、
 松村とはどんな人物なのか?

 ● 松村恭造の伯母殺害
 その名前があがっていた松村恭造(25)は、二人を殺害した容疑で逮捕され
 ている。
 一人は、京都府長岡京市で1月下旬に私立高校教頭岩井一さん(60)の妻・
 岩井順子さん(57)の事件。
 岩井順子さんは松村容疑者の父親の義姉、つまり伯母だった。
 殺害と共に、現場からは2万〜3万円入りの財布を奪っている。

 犯行は1月16日の午後から夕方にかけて行われたと見られている。
 岩井さんは甥が尋ねにきたことに油断していたのかもしれない。

 捜査関係者の話しとして週刊新潮が載せている。
 「家にあがった松村は、頭を鉄パイプで殴ったようで、岩井さんの後頭部に
 深い傷がありました。さらに持っていたナイフで体を約10箇所に亘ってメッ
 タ刺しにしている。
 岩井さんは顔や首も切られ、遺体は風呂場に運ばれたあと、浴槽に頭を沈
 められ、そのままの姿で発見されています。よほど冷酷か、恨みがなければ
 出来るようなことではありません」

 ナイフで10箇所突かれて死亡という点では、確かに千葉大作さんが殺害さ
 れたケースと同じである。

 事件後の1月19日、以前から相談相手だった大阪市の保護司への電話で
 「大変なことをしてしまった」と松村容疑者が話していたことがわかっていた。
 すぐに警察に知らせ、逮捕状が取られていた。

 ● 松村恭造の大叔父殺害
 第二の殺人はその電話の後に起こっている。
 松村恭造は1月22日、神奈川県の相模原市に住む大叔父の加藤順一さん
 (72)の家を訪れるとそのまま宿泊する。

 同じく捜査関係者が語る。
 「松村を追う京都府警は”次も身内が狙われるかもしれない”と危機感を抱い
 て親戚中に連絡したのです。しかし、松村家と加藤さんとは付き合いも浅く、
 場所が遠い相模原だったこともあって連絡しなかったようです。」

 加藤さんの無残な姿が発見されたのは翌日のこと。加藤順一さんの長男が
 電話を入れても応答がないことを不審に思い、家を訪ねると2階の押入れに
 加藤さんの遺体を発見。殺されたのは午前0時ごろで死因は頭部を鈍器で
 激しく殴られたことによる失血死だった。
 加藤さん宅2階寝室に敷かれていた布団に、大量の血痕がついていたこと
 がわかった。
 押し入れから見つかった加藤さんの遺体はパジャマ姿で、抵抗した跡はな
 いことから、県警は就寝中にいきなり襲われたと判断している。

 ● ノートに記述されていた殺しの内容
 2月2日、捜査本部の調べで松村恭造は2人を殺害したことを記したノートを
 持っていたことが分かった。ノートは小さいサイズ。1月16日分にはおばの
 岩井さんに会いに行き殺害したという内容を記述。さらに23日に遺体で発見
 された親族の加藤さん殺害をほのめかす内容も記していた。ノートは逮捕さ
 れた時に持っていたスポーツバッグの中に、2本の刃物や鉄製の棒とともに
 あったという。

 そのノートには、京都精華大生の千葉大作さん殺害のヒントとなる記述はな
 かったのだろうか?
 逮捕後の松村恭造の様子を捜査関係者はこのように語っている。

 「取調べでは興奮することもなく平静です。普通やったらメシなんか喉を通ら
 んもんですけど、きちんと食べて睡眠も充分。その一方で”警察やマスコミに
 は何も話さない。
 いずれ公判で明らかにする”などと、うそぶいているんです」

 なんともふてぶてしい松村のイメージが浮かび上がってくる。しかし、もしも
 千葉大作さんの殺害と松村恭造は無関係であったなら・・・、いったい千葉
 大作さん殺害の犯人は今、どこで何をしているのか?
 その後の展開がとても気になる事件だ。

 参照:2人殺害、ノートに記述 京都と神奈川、手袋片も  山梨日日新聞 
     現場から若い男立ち去る 京都市左京区の大学生刺殺事件  asahi.com





☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング


[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析