葉っぱが化けた、姉妹殺害犯は笑う、インリン様の引退!

                   

                                 2005年12月27日 

 注目

 ・安藤美姫と泉ピン子
 ・みずほ誤発注で20億
 ・内河健の福岡の女
 ・キング・コングの監督
 ・マドンナ健在アルバム1位
 ・レコ大審査委員長失踪
 ・キーワード抽出新システム
 ・京都小6殺害犯のズレ
 ・栃木女児殺害7つの鍵
 ・北尾吉孝ピンチ!
 ・小嶋進にみのキレマクリ
 ・小泉ブッシュに感激の声
 ・チョコ好きペルー男逮捕
 ・姉歯もかすむ小嶋社長
 ・姉歯に発注社長が自殺
 ・ラリーと呼ばれた少年
 ・女子行員10億円横領
 ・女子高生事件の脳問題
 ・フランス暴動をあやつる
 ・神田うのの新恋人の過去
 ・3億円、簡単で拍子抜け
 ・ファーブルちゃん毒盛り
 ・NHK記者、放火で逮捕
 ・毒殺未遂女子高生ブログ
 ・猫も毒殺,女子高生
 ・母親に毒物,女子高生
 ・悪魔のようなサッチー
 ・逃げるが勝ち杉村太蔵
 ・内田恭子・危機一髪
 ・田中角栄、雪で寒かろ
 ・死刑判決で犯人は匿名
 ・後藤良次の殺人告白2
 ・後藤良次の殺人告白1 
 ・NANA・意外によかった
 ・村上世彰は、どんな人?
 杉村太蔵・中絶疑惑
 ・
東京タワーよじ登り逮捕
 ノー天気発言・杉村太蔵
 ・
あいのりデヴィのAV
 小泉首相の黒いウワサ2
 ・小泉首相の黒いウワサ
 ・安藤美姫の母の活躍
 ・
佐藤ゆかりの彼氏メール
 ・女性が次々入信ザイン
 ・花火好きなゾンビ
 ・
ザインに女性が次々入信
 ・
佐藤ゆかりの不倫メール
 ・新党は大地か禿げか
 ・杉田かおる手記にキレタ
 ・
イノシシ社長、政界参入
 ・
コアラちゃんの窒息小説
 ・フェロモン大作戦?
 ・窒息フェチによる殺人
 ・ハズレ!林眞須美の手記
 ・
面白すぎる教団ザイン
 
次世紀ファーム研究所の謎
 ・永岡議員の自殺に号泣
 ・
菊間穴埋めに河合ハッスル
 ・
林由美香と苺みるく
 グーグルハッキングとは?
 ・橋本真也エピソード
  菊間の母語る
 ・見たいドラマ・ドラゴン桜

 橋本真也、死のダメージ
 杉田かおるの離婚騒動
 ・
宇宙戦争はひどい?

 ・早すぎた死 林由美香
 ・花田勝、遺産相続放棄

 チンパンジーはセザンヌ?
 ・
ヤワラちゃんママでも金を

 ミキティ、ピンクの衣装で
 謎の整体師が語る貴・・・
 ・
靖国神社 是か非か
 花田勝・コメント控える
 年収100億円部長
 カリスマ部長清原氏
 ・三日坊主・改善策

 ・旧日本軍の生還

 
 
 
日本の才能と映画
 ・ゾウの巨大水彩画
 ・北朝鮮、核製造・保有
 新聞とるのやめようかな
 ・マックを食べる事が仕事
 いろんな色エロメール


 今日は、気になっている三つのニュースを順番に書いていこうと思う。
 まずは、全国から年間3000人もの視察者が押し寄せる町の話し。

 ● 葉っぱが町を救った彩り事業
 日曜のテレビで実に興味深い町を紹介していた。
 人口2200人の徳島県上勝町。その45%が65歳以上という高齢社会。
 その町の老人は「楽しくて楽しくて・・・」と、一日をいきいきと語る。
 ここのお年寄りはみんながパソコンを駆使してかなりの収入をあげている。
 いわば高齢事業家たちの町との事。

 収入源は野山で捨てられた木の葉。
 料理の皿を彩るモミジやナンテンなどを「つまもの」として商品化した。
 約20年前にスタートしているが、4年前にITを導入して、各自が出荷予約が
 できる体制を整えて一気に拡大した。

 各自の成績も参照できるようになっているようで、良い意味の競争意識が
 働くようだ。

 「彩(いろどり)事業」と命名された「つまもの」生産に携わっている町民は
 約150人。最高齢者は92歳。
 平均年齢は62歳。葉っぱや花などを出荷している商品は323種類と豊富。
 年に1000万円もの収入を上げる人がいるという。

 上勝町の収入源であるミカン畑が零下14度という寒波で全滅したのは1981
 年。農作物の転換が急務になった。
 そんな折に若い農協職員の目に止まった光景があった。

 大阪の料理屋で食事をしたときに、若い女性たちがお皿のモミジの葉をみて
 その美しさに感激の言葉を発して盛り上がっていた。農協職員は「これだ」
 と思い、それが木の葉を商品化する事につながった。
 
 そこから、上勝町及びお年寄りに働く事の夢を与えたその職員の力は大きい。
 若い人のユーターンも増えているという。
 こんな夢のあるニュースを見ると元気が出てくる。
 
 参照:徳島県上勝町(1)お年寄りがパソコンを駆使するタヌキの町

 ● 大阪姉妹殺害犯は笑う
 もう日にちがたってしまって、過去のニュースになってしまうのかもしれない
 のだが、大阪市浪速区のマンションの姉妹殺害の犯人、山地悠紀夫(22)
 が、気になる存在だ。

 テレビで、送検される彼の様子が映っていたが、顔が笑っているのだ。
 動機も、まるで猟奇ものの小説からひっぱってきたような理由。
 「母親を殺した時の快感が忘れられず、誰でもいいから殺して血を見た
 かった」
 こんな動機で殺された美人ホステス姉妹の上原明日香さん(27)と妹の
 千妃路さん(19)は、たまったものではない。
 
 誰でもよかったというわりには、前日に配電盤を操作して姉妹の部屋の電気
 を消すなどしており、明確に姉妹を狙った可能性があるようだ。
 この男は、よほど自己顕示欲が強くて、母親を殺した快感ではなくて、事件を
 起して注目される事が、快感なのかも?
 山地悠紀夫という人物の今後の解明に期待したい。

 ● 世にもアホらしいテロリストのインリン
 最後は何とも力の抜ける話し。ニュースと呼んでいいのかどうかわかんない
 ニュース。

 なんでも「テロリスト」とつければいいもんじゃないだろうに・・・
 と、あきれてしまうのが、「エロテロリスト」のインリン様。
 12月19日には「うるおいテロリスト」として渋谷の街にコスプレで出現。

 インリンは「仕事柄、スタジオなどで髪が乾燥することが多いけれど、この
 シャンプーを使ってから夜までうるおっています」とPRしたとの事。
 さすが、「エロテロリスト」。最後にチョイエロを言葉に持ってくるところがいい。

 しかし、うるおいと「テロリスト」は結び付けようとしても無理がある語句。
 何と言う強引さか!
 そして、さらにわけがわからないのがハッスルでのインリン・オブ・ジョイトイ。

 11月3日の「ハッスルマニア」の敗戦後、黄泉(よみ)の世界へ旅立っていた
 インリン様。M字パワーの限界を悟ったエロテロリストはリング上で引退を
 表明したという。涙のラストM字ビターンを披露し、「イン卵」なる卵を残し
 高田総統にて渡したとの事。

 「ラストM字ビターン?」オレにはただのうんこ座りにしか見えないんだけど?
 「イン卵」なる卵というネーミングはいいけど、それが引退と何が関係あんの?
 このハッスルに関する記事は読めば読むほどめまいがしそうな世界にいざ
 なってくれる。
 ちょいと癖になりそうなバカバカしさ。 

 




☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

芸術系ランキング




[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析