フランスの暴動をイスラム過激派が煽っている! 

                               2005年11月15日 

 注目

 女子高生事件の脳問題
 ・フランス暴動をあやつる
 ・神田うのの新恋人の過去
 ・3億円、簡単で拍子抜け
 ・ファーブルちゃん毒盛り
 ・NHK記者、放火で逮捕
 ・毒殺未遂女子高生ブログ
 ・猫も毒殺,女子高生
 ・母親に毒物,女子高生
 ・悪魔のようなサッチー
 ・逃げるが勝ち杉村太蔵
 ・内田恭子・危機一髪
 ・田中角栄、雪で寒かろ
 ・死刑判決で犯人は匿名
 ・後藤良次の殺人告白2
 ・後藤良次の殺人告白1 
 ・NANA・意外によかった
 ・村上世彰は、どんな人?
 ・杉村太蔵・中絶疑惑
 ・東京タワーよじ登り逮捕
 ノー天気発言・杉村太蔵
 ・あいのりデヴィのAV
 小泉首相の黒いウワサ2
 ・小泉首相の黒いウワサ
 安藤美姫の母の活躍
 ・
佐藤ゆかりの彼氏メール
 女性が次々入信ザイン
 ・花火好きなゾンビ
 ・
ザインに女性が次々入信
 ・
佐藤ゆかりの不倫メール
 ・新党は大地か禿げか
 ・杉田かおる手記にキレタ
 ・
イノシシ社長、政界参入
 コアラちゃんの窒息小説
 ・フェロモン大作戦?
 窒息フェチによる殺人
 ・ハズレ!林眞須美の手記
 面白すぎる教団ザイン
 次世紀ファーム研究所の謎
 

 


 フランス各地で若者らによる暴動が続く中、政府は非常事態宣言の有効
 期間を3カ月延長する方針を決定した。
 そもそもこの暴動は、いったい何から始まったのか?
 
 『パリ北東部の移民の多い地域で、警察官から逃げようとしたイスラム系と
 見られる十五歳と十七歳の少年が変電所で感電死した。
 それがきっかけで、若者の暴動が始まった。ここ10年では最悪規模の騒動
 になった。

 フランスのドビルパン首相は11月2日、カナダ訪問を急きょ取りやめ、事態
 収拾に乗り出した。』

 というニュースから始まり、まだ事態は収まってはいない。

 11月25日号の週間ポストにも、このパリ暴動の様子を、写真と文章で掲載
 している。
 地元警察官の話し。
 
 「暴動なんて生易しいものではない。警察署が入っているビルの地下に若者
 がたむろし、火炎瓶を作っていた。
 極めて悪質だ。非公式の話しだが、殺されたカメラマンもいるんだ。暴徒に
 散弾銃で撃たれた警察官もいる。もはや戦争だよ。」

 この暴動を、イスラム過激派があおっているとの事。
 フランス人検事のジェーンルイ・ブルレージ氏が語る。

 「パリのスラムにはタリバンの残党やアルカイダ系の『細胞』の拠点がある。
 一連の暴動も、最初のうちは自然発生的なものだったが、その後は携帯電話
 やインターネットを使ってテロ組織やイスラム過激派が暴動を煽っている。
 テロ組織は、フランスを標的にするというよりヨーロッパイスラム教徒に白人
 社会への反発を植え付け、同士獲得につなげたいのだろう」

 すでに、暴動地区でテロ組織の拠点とみられる武器弾薬庫が発見される
 など、騒動と国際テロ組織の密接な関係が浮き彫りになっているという。

 パリというと、おしゃれで芸術の都なんていうイメージが強かった。
 しかし、こんな事件が起きテロ組織まで、からんでいる事実を知ると、その
 今までのノー天気なイメージも変更せざるえないようだ。
 週間ポストの記事は<テロ戦争ヨーロッパ上陸>の危険が出てきたと結ん
 でいる。

 

  




☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

芸術系ランキング




[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析