みずほ誤発注で、24歳は5億6千万,
                      27歳は20億の儲けをゲット 


                                     2005年12月23日
 
 注目

 ・内河健の福岡の女
 ・キング・コングの監督
 ・マドンナ健在アルバム1位
 ・レコ大審査委員長失踪
 ・キーワード抽出新システム
 ・京都小6殺害犯のズレ
 ・栃木女児殺害7つの鍵
 ・北尾吉孝ピンチ!
 ・小嶋進にみのキレマクリ
 ・小泉ブッシュに感激の声
 ・チョコ好きペルー男逮捕
 ・姉歯もかすむ小嶋社長
 ・姉歯に発注社長が自殺
 ・ラリーと呼ばれた少年
 ・女子行員10億円横領
 女子高生事件の脳問題
 ・フランス暴動をあやつる
 ・神田うのの新恋人の過去
 ・3億円、簡単で拍子抜け
 ・ファーブルちゃん毒盛り
 ・NHK記者、放火で逮捕
 ・毒殺未遂女子高生ブログ
 ・猫も毒殺,女子高生
 ・母親に毒物,女子高生
 ・悪魔のようなサッチー
 ・逃げるが勝ち杉村太蔵
 ・内田恭子・危機一髪
 ・田中角栄、雪で寒かろ
 ・死刑判決で犯人は匿名
 ・後藤良次の殺人告白2
 ・後藤良次の殺人告白1 
 ・NANA・意外によかった
 ・村上世彰は、どんな人?
 ・杉村太蔵・中絶疑惑
 ・東京タワーよじ登り逮捕
 ノー天気発言・杉村太蔵
 ・あいのりデヴィのAV
 小泉首相の黒いウワサ2
 ・小泉首相の黒いウワサ
 安藤美姫の母の活躍
 ・
佐藤ゆかりの彼氏メール
 女性が次々入信ザイン
 ・花火好きなゾンビ
 ・
ザインに女性が次々入信
 ・
佐藤ゆかりの不倫メール
 ・新党は大地か禿げか
 ・杉田かおる手記にキレタ
 ・
イノシシ社長、政界参入
 コアラちゃんの窒息小説
 ・フェロモン大作戦?
 窒息フェチによる殺人
 ・ハズレ!林眞須美の手記
 面白すぎる教団ザイン
 次世紀ファーム研究所の謎
 ・永岡議員の自殺に号泣
 ・
菊間穴埋めに河合ハッスル
 ・
林由美香と苺みるく
 グーグルハッキングとは?
 ・橋本真也エピソード
  菊間の母語る
 ・見たいドラマ・ドラゴン桜

 橋本真也、死のダメージ
 ・
杉田かおるの離婚騒動

 ・
宇宙戦争はひどい?

 ・早すぎた死 林由美香
 ・花田勝、遺産相続放棄

 ・チンパンジーはセザンヌ?

 ・
ヤワラちゃんママでも金を

 ・ミキティ、ピンクの衣装で
 謎の整体師が語る貴・・・
 ・
靖国神社 是か非か
 花田勝・コメント控える
 年収100億円部長
 カリスマ部長清原氏
 ・三日坊主・改善策

 ・旧日本軍の生還

 奇妙な事件
 
 ・明日はわが身サイバー攻撃
 ・高校生爆弾、犯人を送検
 ・高校生爆弾事件58人搬送

 ・マイケル裁判の行方
 ・ピアノマンの相乗効果
 ・ピアノマンはゲイポルノ? 
 ・小林泰剛の罪逃れ
 ・小林泰剛の母と父




   ● 12月8日の悪夢
 12月8日に起こったみずほ証券の誤発注。
 『誤発注をして証券が混乱した・・・』という一時的なニュースで終わるの
 かな?と思っていたら、金額が金額なだけにそんなに単純なものではない
 ようだ。
 いろんな問題が出てきて尾を引いている。

 ところで、みずほ証券の誤発注とはどんなミスだったのか?
 ジェイコム株を「61万円以上の値段で一株売りたい」との注文を受けたが、
 担当者が誤って「1円以上で61万株売りたい」と入力し、東京証券取引所
 に発注してしまった。そこからこの事件は始まる。
 
 通常、実勢価格から大幅にかけ離れている価格での注文や、発行済み
 株式数を上回るような注文は自動的にストップがかかるようになっている。
 みずほ証券の担当者は警告メッセージを見落としてしまった。そしてその
 警告を無視して確認ボタンを押している。

 結局、みずほ証券は、それから買いを入れていくが、それでも約400億円
 もの損害を被ることになる。わずか3分ほどの間の出来事だった。
 ここで、また週間新潮の記事からの抜粋になるが、今週号(12月29日号)
 と先週号と、続いてこのみずほに関して記事を掲載している。
 
 ● 400億損失の責任は
 みずほの関係者によると、
 「誤入力したのは、まだ経験の浅い、25歳の若手社員だそうです。あまり
 に大きな事をしでかしてしまったので、会社側も心配し、当日もそうそうに
 帰宅させたと聞きました。
 あっという間に年間の利益をふっ飛ばしたのですから、もう個人をせめられる
 レベルではないですよ」

 誤発注をしたみずほの責任か、それを取り消せなかった東京証券取引所の
 過ちか、”欠陥”システムを構築した富士通に非があるのか・・・・
 400億円もの損失を誰が負担するべきなのかと、3社間で責任のなすり合
 い中だという。

 ● 儲けた個人投資家
 そんな、誤発注騒動に便乗して巨額の富を得ている個人投資家がいる。
 最初に注目を集めたのは六本木に住む24歳の会社役員。
 騒動から1週間後に提出された大量保有報告書などで、約5億6000万円
 もの利益を得ていたことが判明。

 今回のジェイコム株では、約28億円の自己資金で3701株を取得。
 「日本証券クリアニング機構」が緊急避難措置として1株91万2000円で
 現金決済することを決めたので、5日後、巨額の利益を得た。
 週間新潮の記事は、ここを強調する。
 『それにしても繰り返すが、弱冠24歳にして、自己資金が28億円である。』

 24歳の登場の翌日、千葉県市川市に住む27歳で無職の男が登場。
 7100株を取得し、20億円以上もボロ儲けしていたことが判明。投じた自己
 資金は34億円強。

 その本人の話しが、面白い。
 「株をやり始めたのは、6年くらい前からです。最初の元手は100万円。
 自分でアルバイトして貯めたお金です」

 「でも、株の勉強を特別にしたわけじゃありません。株の売買はどうやったら
 いいかがわかる程度の本を一冊読んだだけです。」
 「でもね、今回の儲けはそれほどでもないですよ。単一銘柄での儲けと
 しては確かに大きいのですが、20億なんて、今年1年の利益からすれば
 3分の1とかそんな程度ですよ。だって60億くらい儲かっていましたから」

 ● 株で儲けるのは末世か
 『そうやってお金を儲けるのはあまり好きではないですね。生産的ではな
 いですから。何だか国が滅びていくような気がして、どうもピンとこないん
 です。』
 という西島瑞毅会長の会話を週間新潮は最後に持ってきている。
 たぶんほとんどがこういう意見になるのだろう。

 たとえば12月22日号の日刊ゲンダイの1面も、そんな意見が見出しの形
 で出ている。
 「一日中パソコンにへばりついてカネ儲けけだけに没頭している20代若者が
 もてはやされている世の中を見ていると、いよいよ末世を実感」
 「マトモに働く人間がバカにされ博徒さながらのディトレーダーにカモにされ
 ている鉄火場と化したこの国の狂った現状、一体これからどうなる」

 しかし、どんなものであろう?
 たとえ何億、株で稼ぐ若者が出ようが、「そんなのは関係ない」と思う人も
 大勢いるわけだし、まともに働くのがバカバカしいと言って、急に仕事をやめ
 てディトレーダーにみんながなるとは考えられない。
 むしろ、普通の人が億万長者になれる夢の道の一つとして、株という世界も
 あるのだという事は、どこか救われるような気持ちをオレは持ってしまう。
 この感じ方は楽天家すぎるのだろうか?

          

   


 




☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング



[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析