タイゾーを超えた?元キャバ嬢・民主党の太田和美

                                   2006年4月30日

 注目

 ・ほしのあきFカップ謎 
 ・次世代DVD戦争
 ・
騒音おばさん反省ナシ
 安達祐実の母ヘアヌード
 ・
横田めぐみ拉致問題
 女優や歌手の美の崩壊
 
ハードディスクのお医者
 ・富山安楽死事件の真相
 ・外科部長は赤ひげ先生
 朝青龍ホステス暴行事件
 ・詩織・結婚仲介業の実態
 ・5億相続・謎の主治医
 ・鈴木詩織の犯罪と蛇頭
 ・ミュンヘンのわかりにくさ
 ・詩織は人気性感マッサージ
 ・江原啓之バッシング始まり
 ・鈴木詩織インスリン殺人
 ・週間新潮・黒い報告書

 ・
90歳女性に性的暴行男
 ・木村一八3度目の逮捕
 ・いちゃもん荒川静香
 ・アカデミー賞・問題ズラリ
 ・格闘家経験あり西澤孝
 ワンセグ技術が巨人戦
 ・永田寿康こだわりメール
 ・静香のワインとアイスクリーム
 ・お口で占いさせて
 ・荒川静香の金の舞
 ・安藤・荒川・村主
 ・安藤美姫号泣ショック
 ・ムハンマド風刺画騒動
 ・鄭永善2園児殺害
 ・テレクラ坂本明浩の逮捕
 ・紀子さまとコウノトリ
 ・姉の細木数子を批判
 ・西田憲正あやまり人形
 ・野口英昭自殺説
 ・ライブドア株値上がり
 ・裸路線の矢部美穂
 ・ホリエモン麦めしペロリ

 ・野口と安部と小嶋進
 ・ハーレム親父はホラ好き
 ・地元のヤクザが実行犯
 ・女性11人まだ足りない
 ・ホリエモンとヤクザ金脈
 ・遺書もなく非常ベル
 ・堀江貴文社長・逮捕
 ・絵美告発証言、ミキに
 ・自殺か他殺?野口氏
 ・破局後は吉川ひなの
 ・シングルマザーの一歩
 ・女優開眼AV女優平沢
 ・娘の携帯番号教えろ
 ・えみりとキム兄結婚
 ・病院の新生児誘拐
 ・みのは紅白の救世主
 ・みのNHKと決別か
 ・中国の脅迫に自殺
 ・内河健の逮捕は?
 ・インリン様の引退
 ・安藤美姫と泉ピン子
 ・みずほ誤発注で20億
 ・内河健の福岡の女
 ・キング・コングの監督
 ・マドンナ健在アルバム1位
 ・レコ大審査委員長失踪
 ・キーワード抽出新システム
 ・京都小6殺害犯のズレ
 ・栃木女児殺害7つの鍵
 ・北尾吉孝ピンチ!
 ・小嶋進にみのキレマクリ
 


 ●  選挙は遊びで出てる?
 民主党の太田和美衆院議員はまだ26歳。その若さで自民党の東大卒の
 エリートを蹴落として、選挙で勝ったのはすごい。一時は「120%負ける」
 という声もあったという。
 当時のクラスメートが週刊文春の5月4日・11日号でこう発言。
 「彼女は委員長とかやるタイプじゃないし、学校に遊びに来てるだけって
 感じ。選挙に出るなんて、驚きました。遊びで出てるのかとおもったんです
 よ。」クラスメートから見ると、彼女はごく普通の女の子だったようだ。

 太田和美は千葉県の高校を卒業後、不動産会社などを経営。
 2005年3月、千葉県議会議員補欠選挙で松戸市から県議会史上最年
 少で初当選。4月に今回の自民党の元エリート官僚の斉藤健候補(46)
 に競り勝った。

 高校卒業後、不動産会社を経営とゆうのは、早い選択。ここいらに彼女
 のパワーが感じられる。そのことに関して太田和美はこう答えている。
 「経営というほどではない。自分一人と従業員一人。私も営業で外をま
 わった。不動産の賃貸をやったりしてました。中小企業というよりも、零細
 の零細」

 ● キャバクラ勤務と停学騒動
 さて、彼女の最も注目されているキャバクラ勤務の件。松戸市の川井敏久
 市長(63)は厳しく批判していた。自民党の斎藤健氏の応援演説の中で
 「キャバクラ嬢が選挙に出て戦っている。私は松戸市長として恥ずかしい」
 と。しかし、キャバクラは風俗業だが、体を売るわけでもないし、市長が
 恥ずかしがる必要もないだろう。

 太田和美は「(働いたのは)報道で出るまで自分すら忘れたくらいの短い
 時間ですから。それが私が政治を志したきっかけだとは思っていません。
 たまたまそれがピックアップされた。それが社会批判されるんですか?」
 「これ以上、それを出したり、誇張されるのであれば、私はそのことに関
 しては一切、口は開かない。ただ最初は説明責任があるから、一言は
 言いましたが、もうこれ以上は言うつもりはないです。」

 いくぶん彼女は神経質になっているようだ。しかし、キャバクラ業界から
 彼女宛にエールが送られている。
 キャバクラを作った男として知られる新富宏会長は「当選おめでとうござ
 います。勝敗はわくわく、ドキドキで見てました。男は女によって磨かれる。
 職業に貴賤(きせん)なし」
 太田市が務めていた松戸市のキャバクラの女性たちも「すごいですね!
 私たちも議員になるかもしれないですね」などと大喜び。

 彼女が好むと好まざるに関らず、元キャバクラ嬢というキャッチフレーズ
 は議員をしている間、つきまとい続けていきそうだ。また、話題はキャバ
 クラ嬢のことだけではない。1ヶ月近く停学になったこともあるという。

 これも当時のクラスメートが週刊文春の5月4日・11日号で発言したこと
 からの抜粋になる。
 「カズミはギャル系のグループいましたよ。仲間は派手でしたけど、その
 中では地味な方でしたね。化粧とかはしてなかったです。(中略)
 三年の頃、学校にちょこちょこ来なかったときがあったんですよ。成績
 も良くなくて、時々、赤点も取っていたと思いますよ。授業中はよく居眠り
 してました」

 「学年で三番取ったこともあるんですよ。それは停学明けのことだったん
 です。カズミはクラスメイトのパンとジュースを盗んで勝手に食べちゃった
 んですよ。それを先生に(誰かが)チクったんですよね。
 それで一ヶ月近く停学になりました。一年の秋だったと思います。その停
 学の間に勉強したんじゃないかなぇ。だから実は頭いいと思う。ちゃんと
 やればできる人じゃないですかねぇ。(中略)」

 この件を記者が「友達のパンとジュースを勝手に食べちゃったそうです
 ね。」と、聞くと太田和美は「もう10年前のことでしょう(笑う)」

        

 参照:当選の太田氏にキャバクラ業界からエール nikkansports.com
     “元キャバ嬢”にこだわる、そんな世の中を変え「負け組0」の
     社会を作るる太田田和美衆院議員単独インタビュー    スポーツ報知

 





☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング



[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析