ソフトバンク、0円商法で大ピンチ

                                2006年11月1日 1:04 

 ログ

 映画もアイデアが勝負
 0円商法で大ピンチ
 ・安藤美姫は狙われて
 ・中山可穂の恋愛小説
 ・負け犬と巣穴女の地獄
 ・藤圭子ギャンブル人生
 ・ケツ毛バーガー事件?
 ・自殺に追い込んだ主任
 ・クローン猫ビジネス沈没
 ・パチスロと辻森耕平
 ・山本モナ復活コール
 ・でかい買い物ユーチューブ

 ・藤圭子の夢はいつ開く
 ・山本モナの不倫騒動

 ・梨元勝レギュラーなし?
 ・
自分も殺す坂東眞砂子
 ・
ダイエット願望にストップ
 ・スーパーマンも悩める青年
 ・復活!植草ミラーマン
 ・9・11テロと祝ご出産

 ・乙武・紀子様出産騒動
 ・中谷歩殺害の真相は?
 ・携帯番号が億で
 ・
携帯番号が億で売れる
 ・
グロ過ぎ映画ディズニー
 ・無表情で笑わない男
 ・
ハンカチ王子と監禁王子
 ・バンコクへ性転換に
 ・
84歳が80歳夫を殺害
 ・
ご主人様と地獄生活を
 ・ゆかりの摂理の弁明
 ・一条ゆかりと摂理の接点
 ・世界一弱いチャンピオン
 ・若林一行は二重人格か
 ・全て山本圭一が悪い?
 ・美肌沙羅の美肌一族
 ・極楽トンボ山本の淫行
 ・殺害当日鈴香に男の影
 ・彩香ちゃん殺害認める

 ・ヒストリー・オブ・バイオレンス
 ・朝鮮人民軍の牛盗み
 ・池田優子のケチと脱税
 ・テポドンはどこ狙い?
 ・9歳で女児を出産
 ・
涙、嫌われ松子の一生
 ・サッカー止まらない
 ・セレブ女医池田優子
 ・走るトムの「M:i:V」
 ・女子大生果菜子の誘拐
 ・サップの試合放棄の訳
 ・放火で0からやり直し
 ・犯罪映画インサイド・マン
 ・放火殺人とカンニング
 ・
畠山鈴香とテレビの力
 ・佐藤ゆかりの不倫報道
 ・なぜヒゲをのばしたか
 ・給付金目当ての鈴香
 ・テレビも週刊誌も鈴香
 ・盗作疑惑の和田義彦

 ・畠山鈴香の無責任人生
 ・警察の理由A彩香の母
 ・黒木香裏ビデ裁判勝つ
 ・
警察の理由−彩香の母
 ・
彩香の母は犯人か否か
 ・
101匹の死と暮らした
 ・
秋田の児童殺人の犯人 
 ・
ダ・ヴインチ・コードの評価
 ・
悪魔か?山地悠紀夫
 ・
サップ謎の試合トンズラ
 ・
娘殺害日にステーキ千鶴子
 ・
屍と暮らす女・千鶴子
 ・
血の海にした伊藤嘉信
 ・
千鶴子の長男は白骨
 ・
娘の殺害岡本千鶴子
 ・
元キャバ嬢太田和美
 

 夕刊フジ11月1日号のトップは、孫正義社長のドアップ写真。まん丸顔の
 タコヤキ顔でちょいと渋い顔。
 ソフトバンクモバイルの料金プランの担当者が30日に、公取委に呼ばれて、
 事情を聞かれた。新料金プランについて説明を求められたという。

 公正取引委員会が問題としているのは、「通話料、メール代0円」を強調し
 た広告。いろいろ条件が付くが、その契約条件が豆粒のような小さな文字。
 タダだけを強調するやりかたが、ソフトバンクが他社と比べて実態以上に
 有利だと消費者に誤認させる可能性があるとの事。これは景品表示法違反
 (有利誤認)の疑いもあるとして、調査に乗り出した。

 ● 「NTTドコモ」も「au」も「0円」広告に疑問
 この指摘は公正取引委員会が初めて指摘したわけではない。
 NTTドコモの中村維夫社長は27日の記者会見で「フェア(公正)かどうか
 疑問が残る」と批判していた。通話やメールが定額料金になるソフトバン
 クの新サービスの広告。夜間は例外になるなどの制約が、小さな字になっ
 ている点を問題としていた。
 料金そのものも「平均的な利用者なら、ソフトバンクの定額制に負けるプ
 ランは一つもない。追随するつもりは全くない」と主張。

 KDDI(au)も「標準的な利用者なら割高になる」と主張している。
 ソフトバンクの定額制のキャンペーン基本使用料(2880円)でも、ソフト
 バンク加入者同士の通話時間が全体の7割以上にならない限り、auの
 一般的な料金プランより割高になるとの分析結果を明らかにした。
 2社がそろってソフトバンクにかみついていた。

 ● 0円商法の誤算
 サメは単純に昨日、「業務が動かなくなるくらいの人気になったということは、
 何はともあれ、ソフトバンクの作戦勝ちとみていいのだろう。」などと書いた
 のだが、事はそんなに単純ではないようだ。
 
 ドコモとKDDIはソフトバンクのシステムの信頼性に疑念を強めており、
 同社に対して障害の原因究明とシステムの安定化に向けた改善策を講じ
 るよう、29日に文書で申し入れていた。
 総務省も事態を重くみて、ソフトバンクに対し、急いで原因を究明して対応
 策を報告するよう求めた。

 日刊ゲンダイでは、ソフトバンクがやることなすこと裏目にでているとして、
 こう述べている。

 「SB側は”予想外”に顧客が殺到してシステム障害を起こしたと説明してい
 る。いかにも顧客が流入しているような印象がありますが、実際には明らか
 に劣勢で、現時点では差し引き8万件増のauがリードしている。SBは対ドコ
 モでも負けています。0円を打ち出したのはいいが、騒ぎになったこともあっ
 て、顧客が『本当に安いのか』と冷静になってしまった。(中略)」

 ● 30日の孫社長の弁明
 30日には孫社長は「私どものお客様だけでなく、他社にもご迷惑をかけた。
 おわびする」と述べた。同時に、定額制プランに加入した場合の他社への
 通話料を、30秒あたり最大30.45円(税込み)から一律21円に値下げ
 することも発表した。
 そのテレビニュースの生中継に300人を超える記者が集まった。

 28日の障害の発端は、何だったのか?
 説明によると、他社へ移る利用客の扱いのパンクが原因だったとの事。
 家族割引の制度が他社と異なるために、契約解除のデータ処理が円滑に
 できず、システム上で他社からの催促が殺到し、処理が間に合わなかった
 という。

 但し、この他に”企画の驚き”の狙いすぎがあったようだ。
 ひと握りの幹部だけで極秘裏に話しを進め、トップダウンの電撃戦で勝負に
 出るので、現場と十分に意思の疎通が図れない。そのことからの技術面の
 見切り発車が混乱の原因とみられている。

 ● ボーダフォン買収の借金
 日刊ゲンダイでは、拝啓孫正義社長「あなたの話は矛盾だらけです」反省よ
 りも”商売優先”というサブタイトルで、ソフトバンクの借金について述べて
 いる。

 ソフトバンクは、ボーダフォン買収の債務を携帯事業の証券化に代え、1兆
 5400億円を調達した。返済は携帯事業の収益が充てられる。つまり、携帯
 で儲けなければ膨大な借金は減らないのだ。


 まあ、各新聞が書いているように、ポータビリティの滑り出しでは、独り負けの
 状態になってしまったソフトバンク。このピンチを孫正義はどう切り抜けるので
 あろうか?

  





☆☆☆ ランキングに参加しています。下のボタンで好みのものに清き一票を! ☆☆☆

日記・ブログ ランキング 芸術系ランキング



[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析