主役が携帯電話の傑作サスペンス、セルラー

  ◎セルラー    2004年 アメリカ
     監督:デヴィッド・R・エリス
     脚本家:ラリー・コーエン
     出演者:キム・ベイシンガー,クリス・エバンス,ジェイソン・ステイサム,ウィリアム・H・メイシー
 
 電話ボックスに閉じ込められた、コリン・ファレル。
 彼を延々と映し続けた不思議なサスペンス映画「フォーン・ブース」。
 10日間弱の短期間撮影の低予算作品、という事ではあるが、好きな作品だ。

 この作品は評価が分かれた。もしこの「フォーン・ブース」に面白さを見出した人には、
 絶対お勧めの作品。それは「セルラー」という映画。
 フォーン・ブースと同じように電話が一番の主役になっている。
 セルラーはcellularと書いて、携帯電話の意味。
 
 脚本家は、「フォーン・ブース」と同じラリー・コーエン。
 ラリー・コーエンは多様なカテゴリーの脚本で名を知られている。
 「悪魔の赤ちゃん」('73)、「新・死霊伝説」〈未〉('87)、
 「刑事コロンボ」シリーズ、「ギルティ/罪深き罪」('92)などがある。
 
 監督は、フォーン・ブースの時とは異なり、デヴィッド・R・エリス。
 手がけた作品として、「ハリー・ポッターと賢者の石」('01),
 「パーフェクトストーム」('00)、「マトリックス リローデッド」('03)など。

 オレは日曜日に夜9時からのレイトショーを観に行った。場内はガラガラ。140席
 あるのに、観客はオレを含めて10人にも満たないくらい。なんというぜいたくな状況
 であろうか。でもガラガラは、寂しい。
 
 埼玉のはずれではしょうがないのか?
 これで、最新のドルビーステレオ、バンバンの映画館なのだから、本当にもったいない。
 「どうかつぶれませんように・・・」と祈るのみ。さて、その映画のストリーは・・・
 
 子供が大好きで幸せな生活を送っていた、女教師。子供を見送った後に、乱入してきた
 凶暴な男たちに突然誘拐されてしまう。
 監禁された屋根裏には、男にいきなり壊されてしまった粉々の電話機が一台。
 
 なんとか配線をつなげて、ようやくつながったのは、ビーチでナンパにいそしむ男の子
 の携帯。 
 おちゃらけて、切るつもりの彼に、女教師は必死に状況を説明し、助けてもらわなけれ
 ばならない。

 そのやり取り、各自の動きがドキドキさせてはらはらさせて、飽きるところがない。
 犯人役は、「トランスポーター」の主役もはったジェイソン・ステイサム。
 立っているだけで、不思議な存在感と圧迫感を感じさせる。アクションシーンもあざやか。

 映画の中で、登場する弁護士の言葉。
 「このポルシェは5.2秒で60マイル出して、3.5秒で女のパンツを脱がす。」
 なかなか楽しくてテンポのいいセリフ。
 
 このセリフは翻訳者の栗原とみ子さんが紹介していた。
 これから観る方は、このセリフがどの場面で出るのか注意してみてくださいな。
 この映画はサメのお勧め映画の一本!
 
                           2005年3月1日

  

☆☆☆ 気に入ってくれたなら、クリックお願いします。他の方のいろいろな作品にもつながっています。 ☆☆☆





[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析