重すぎる映画 ミリオンダラー・ベイビー  
   ◎ミリオンダラー・ベイビー    2004年 アメリカ
      監督・製作:クリント・イーストウッド
      出演者:クリント・イーストウッド,ヒラリー・スワンク,モーガン・フリーマン
  クリント・イーストウッドが監督と主演を兼ねている「ミリオンダラー・ベイビー
  
2004年度のアカデミー賞で作品、監督、主演女優、助演男優賞など主要な賞を
  総ざらいしてしまった。
  女性ボクサーを指導するという、ある意味単純なストーリーに思えたこの映画の、
  何がそんなに良かったのか?そこに興味を持った。
  
  日本では、女性ボクサーの試合なんて全然メジャーではない。女性同士が戦って、
  鼻血なんか流していたら痛々しくてしょうがない。アメリカのテレビでは、女性ボ
  クサーの試合の番組は多いのだろうか?
  それはともかく、この映画を絶賛する声は多い。

  おすぎは、週間文春の6月9日号で、この映画に最高の五つ星をつけている。さらに
  こんな熱いコメント。
  「星の数が幾つあっても足りない。今生きている総ての人が見るべき映画だと断言
  してしまう。」
  同じくこの週間誌で、小林信彦氏は、「ミリオンダラー・ベイビー」を取り上げ
  「クリント・イーストウッド監督・主要作品のベストワンだと覆う。というよりも、
  映画史上のベストテンに入るのかも」と、これもまた大絶賛。

  ここまで、みんばがほめまくるのならば・・・・と、影響されやすいオレは仕事帰り
  にさっそく観にいった。
  結果、心がズド〜ンと落ち込んだ。あまりに救いがないではないか。
  場面場面で、いいところは確かにある。抑えたストーリーに曲に演技に・・・・・・と、
  たくさんある。
  でも、この後半のストーリー展開では気持ちがまったく晴れない。
  どうせ観るなら、もう少し明るさのある映画を観たい。

  会社の人に「ミリオンダラー・ベイビー」の感想を聞かれたときに、
  「心がはしゃぎすぎてもうちょっと自分の浮かれすぎトーンを落としたいなぁと、
  思ったときに観たらいいかも」と、話したら
  「そんなんじゃ、オレ一生観ないよ」と、言われてしまった。
  
  はたして、『この映画を観てあなたは絶賛派になれますか?』
と・・・・、
  ミリオンダラー・ベイビーを観た全ての人に聞いてみたい。
 

 
                          2005年6月8日

  

☆☆☆ 気に入ってくれたなら、クリックお願いします。他の方のいろいろな作品にもつながっています。 ☆☆☆





[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析