社会派監督が挑んだ本格的な犯罪娯楽映画「インサイド・マン」
 
                                       2006年6月24日    

 注目

 畠山鈴香とテレビの力
 ・佐藤ゆかりの不倫報道
 ・
なぜヒゲをのばしたか
 ・
給付金目当ての鈴香
 ・テレビも週刊誌も鈴香
 ・
盗作疑惑の和田義彦
 ・
畠山鈴香の無責任人生
 ・警察の理由A彩香の母
 ・黒木香裏ビデ裁判勝つ
 ・
警察の理由−彩香の母
 ・
彩香の母は犯人か否か
 ・
101匹の死と暮らした
 ・
秋田の児童殺人の犯人 
 ・
ダ・ヴインチ・コードの評価
 ・
悪魔か?山地悠紀夫
 ・
サップ謎の試合トンズラ
 ・
娘殺害日にステーキ千鶴子
 ・
屍と暮らす女・千鶴子
 ・
血の海にした伊藤嘉信
 ・
千鶴子の長男は白骨
 ・
娘の殺害岡本千鶴子
 ・
元キャバ嬢太田和美
 ・
ほしのあきFカップ謎 
 ・次世代DVD戦争
 ・
騒音おばさん反省ナシ
 安達祐実の母ヘアヌード
 ・
横田めぐみ拉致問題
 ・女優や歌手の美の崩壊
 ハードディスクのお医者

 ・富山安楽死事件の真相
 ・外科部長は赤ひげ先生
 朝青龍ホステス暴行事件
 ・詩織・結婚仲介業の実態
 ・5億相続・謎の主治医
 ・鈴木詩織の犯罪と蛇頭
 ・ミュンヘンのわかりにくさ
 ・詩織は人気性感マッサージ
 ・江原啓之バッシング始まり
 ・鈴木詩織インスリン殺人
 ・週間新潮・黒い報告書

 ・
90歳女性に性的暴行男
 ・木村一八3度目の逮捕
 ・いちゃもん荒川静香
 ・アカデミー賞・問題ズラリ

 格闘家経験あり西澤孝
 ・ワンセグ技術が巨人戦
 ・永田寿康こだわりメール
 ・静香のワインとアイスクリーム
 ・お口で占いさせて
 ・荒川静香の金の舞
 ・安藤・荒川・村主
 ・安藤美姫号泣ショック
 ・ムハンマド風刺画騒動
 ・鄭永善2園児殺害
 ・テレクラ坂本明浩の逮捕
 ・紀子さまとコウノトリ
 ・姉の細木数子を批判
 ・西田憲正あやまり人形
 ・野口英昭自殺説
 ・ライブドア株値上がり
 ・裸路線の矢部美穂
 ・ホリエモン麦めしペロリ
 ・野口と安部と小嶋進
 ・ハーレム親父はホラ好き

  
   ◎ インサイド・マン  2006年 アメリカ  
           監督:スパイク・リー
              
出演:デンゼル・ワシントン 、クライブ・オーウェン、ジョディ・フォスター

 
 完璧に計画は練られている。
 銀行で強盗という大胆な犯行のわりには、実に冷静。
 人質全員に自分たちと同じ格好をさせ、犯人と人質の区別を不明にする。
 犯人グループのリーダーが言う。
 「最後に俺は堂々と銀行の正面玄関から出ていくのさ」その予言に沿って
 突き進む。
 まあ、自分が銀行強盗するとしたら、こんなふうにやりたいものだと、思わ
 せる映画だった。

 この映画を見に行くきっかけは、映画評論家の前田有一のサイト。
 「超映画批評」で『インサイド・マン』を絶賛していた。100点満点中90点
 をつけている。そして、映画の印象をこう書いてある。

 『クールなタイトル、見事なトリック、鑑賞後に思い起こすと、いくつも気づ
 くことが出来る伏線の数々、優れたユーモア、そして役者の演技。けなす
 ところが一切ない、見事なクライムムービーだ。』

 というのを読んだら、何事もおっくうになりつつあるサメの重い腰もすぐに
 持ち上がるというもの。

 監督は「マルコム X」のスパイク・リー。出ている役者も『グローリー』、
 『トレーニングデイ』で2度のアカデミー賞に輝くデンゼル・ワシントン。
 頭脳犯ダルトン・ラッセルを演じるのは、『クローサー』でゴールデン・
 グローブ賞受賞のクライブ・オーウェン。『告発の行方』、『羊たちの沈黙』
 のオスカー女優であり、最新作『フライトプラン』もヒットを記録したジョディ・
 フォスターと、実に頼もしい面々。

 まずは、オープニングの曲が良かった。インド音楽で「チャイヤ・チャイヤ」
 という。
 あまりに良くてサメは涙ぐんでしまった。こんなに心にしみわたる音楽は
 ひさしぶり。
 ラストも同様。たいていエンディングのテロップが流れているときに館内を
 出るのだけど、音楽がすばらしく最後の最後まで座りつづけた。

 ところで、かんじんの内容。
 標準以上の出来なのは、わかるのだが、何か物足りない。
 人種差別の現実をストーリーの中に自然に組み込んでいるようなのだが、
 その意味が、よくわからない。そこを理解できたら、会話ももっと笑えた
 のか?

 それに映画のテンポだろうか?
 見終わった女性が連れに語っていた。「もうちょっと、ポン!ポン!とさ、
 ポップコーンがはじけるみたいにストーリーが踊ってくれたらいいんだけ
 ど、ちょっとわたしにはこの映画トロすぎ。」
 派手なアクションや暴力、もしくは色気のあるシーンがほとんどないこと
 への欲求不満か?
 そこは、前田有一も承知しているようで、こう述べている。『ある程度の
 大人向け作品で、10代向けのお気楽娯楽に飽き飽きしている人々には、
 イチオシの一本なのである』

 インサイド・マンはサメとしては、75点。
 この映画の反動か、次は社会的な背景はおいといて、理屈抜きに楽し
 める映画が観たい。
 トム・クルーズの「M:i:3」を早くみて、スカッとしたいなぁ。

  


☆☆☆ 気に入ってくれたなら、クリックお願いします。他の方のいろいろな作品にもつながっています。 ☆☆☆







[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析